無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

『もうすぐ絶滅するという煙草について』について


あなたは煙草を吸うか?俺は吸う。

煙草は吸うけど、特に熱心に喫煙しているわけでもない。

いろいろな銘柄や吸引方法を試すでもなく、仕事終わりの一服を心ゆくまで味わうわけでもなく、かなりテキトーに吸っていると自分では思う。

実際どうなんだろう。コンビニの銘柄で新品を見つけるとひとまず買って味を確かめてレビューをしているというような人は今までの人生にいなかった。水タバコくらいなら珍しくないが、パイプや葉巻をやったことがあるという人にはまだ会ったことがない。これは特に熱心に喫煙している人がごく少数に限られているか、そんな人は実はいなくてみんな空想で物を言っているのか、それとも俺の人生経験に偏りがあるか、どれが正しいのかはわからない。

 

少なくともシガレット、いわゆる紙巻たばこについては有害なものということで確定らしく、こいつをどうにかして世の中から減らし、果ては消してしまおう、などと冗談半分でも思っている人がいるらしい。冗談半分ということは50%ほどは本気でそう思っているのかもしれない。人のやることに文句を言ったり、タバコを吸わない権利を主張するのはある程度は構わないと思うけど、気に食わないからというだけで人が煙草を吸う権利を剥奪しようとするって相当じゃないか?いくらなんでもカリカリしすぎだろ。まあ一服して落ち着けって。

 

煙草に関する文章

大方の煙草に関する話は、健康に悪いし嫌いな人も多し百害あって一利なしだからやめておきましょう、みたいな感じで、教科書じみたまま一切の成長を見せず、全く代わり映えしない。

健康被害があってやばい、喫煙者はこんなに無神経、煙草の金は全部無駄、バリエーションもだいたいこの3つだ。もう煙草に関しては見るのも思い描くのも嫌だから馬鹿にしてやろうという気持ちは伝わってくるが、まさか全部BotやAIが書いてるんじゃないかと疑いたくなるほどどれも似通っている。まるで何かの疾患のようで、そういうのがたまに目に入ってしまうとなんだか気の毒になってくる。

 

本書は逆に煙草について、あるいは煙草を吸う事についてあれこれ考えられている。煙草についてうまいという人もいればそんなにうまくないという人もいる。健康に悪いという言説があれば、精神にとっては薬だという論がある。あんなものはとっくの昔にやめたと書いてある隣に、禁煙なんかとうてい無理だと書いてある。とにかく視点やレイヤーがさまざまで「あ、そういうところ、確かにあるね」みたいな考えをたくさん得られて、非常に楽しいわけよ。

 

たしかに煙草はなにか酩酊するわけでもなく、逆に覚醒して疲れがなくなるわけでもない。吸わないとイライラするのはそもそもニコチンが切れたからだろうし、喫煙というもの自体がただいたずらに体を依存にまかせているだけだとも言える。しかしそのなんとなくの依存から抜け出せるのは40%程度、つまり、一度煙草を手にしたが最後、約半分の人は死ぬまで煙草を吸い続けることになる。

 

なんでただ煙が出る筒状のものから抜け出せなくなるのだろうか。それは多分簡単にやめることができるからだとは思う。

簡単にやめることができるから簡単に再開してしまう。そういうことも本書には書いてありましたね。酒で記憶がなくなってすごい失態をしたとか、メタンフェタミンで疲労に鞭打ち体がボロボロになったとか、コカインのために盗みを働いたとか、タバコに関わってもそういうひどい事態にはならない。悪くて肺の病気、もしくは部屋や車が汚れてしまったとか、その程度だ。

 

仮に金を持っていないために煙草を何日も吸っていない喫煙者がいたとして、果たして彼は煙草を買う金ほしさに盗みを働いたりするだろうか。煙草というものの優先順位はどんな人であっても基本的に低い。それが可能だからということだけで、惰性で吸っているだけなのではないかと俺は思う。これこそが世界的な禁煙ブームに異を唱える人が少ない理由だし、逆に禁煙ができない理由の一つでもある。俺は自由な金がなくなったらまず煙草をやめる。で、金を手にしたときにまた吸い始めると思う。

 

しかしその一方で死ぬ直前に口にくわえるものもまた煙草なんじゃないかと思うのである。まあ、これはいささか映画的すぎるというか、多分今どきはちゃんと病室で意識がない状態で息を引き取ることになるだろうし、現実味がないこともわかっている。ただもし、明日帰宅する途中に背中から胸部にかけてドスが貫通しているヤクザがうずくまって倒れていて、「兄ちゃん、すまねえが煙草もってねえか」とか言われたらあげちゃうでしょ。だって全部のピースがピッタリ合ってるもの。ロイヤルストレートフラッシュとか国士無双とかウノとか、最期に煙草を吸うヤクザはそういうドンピシャな手札に匹敵する。

 

で、そのヤクザは俺のマルボロを血で少し濡らしながら、小雨降る中深くまで吸い込んで、フーと細く吐き出すと、倒れて動かなくなっちゃうんだろ。で、血溜まりの中動かなくなったヤクザの、胸のドスの刺さったあたりから、肺から漏れた紫煙が、薄くたなびくんだろ。ったく、任侠ってのはシブイね。