無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

プチスタンダード19ヶ月経過記録 A.P.C. PETIT STANDARD 14.5oz (19monthes 1wash 2soak)


f:id:cte26533:20181103223423j:plain

なんかはてなの画像が俺のパソコンでは表示されなくなってしまった。順番とか全然わかんないけど別に細かいこと言うわけでもないのでこのまま当て勘でいきます。

 

 


f:id:cte26533:20181103124150j:plain

f:id:cte26533:20181103124208j:plain

f:id:cte26533:20181103212718j:plain

f:id:cte26533:20181103212723j:plain

f:id:cte26533:20181103212729j:plain

f:id:cte26533:20181103212739j:plain

f:id:cte26533:20181103212742j:plain

f:id:cte26533:20181103212753j:plain所感

A.P.C.のデニム生地は生成りの白とも違うちょっとベージュがかった色落ちをするというのは色んな人が指摘している。このプチスタンダードも腿のあたりとかそういう感じになってきた。アタリで線が入るようなところはあまり気にならない。面積が小さからかもしれない。

パックポケットなんかはさすがに擦り切れてきていて、縦糸が少しずつ切れ始めている。それでも決定的なダメージはまだない。

10オンスくらいまでの生地の服とか、このぐらいになるまで穿いていたらいろんなところがヨレヨレで生地が薄くなったりテカってきたりするもんだけど14ozのデニムはまだ生地のヨレなんかはそこまで感じない。

 

シルエットの問題

少し前に、リーバイスのレギュラーの501を穿く機会があった。プチスタに慣れていたから501のゆとりは新鮮だった。股下というか、フロントポケット周りの生地の余り方とかがぜんぜん違う。まあ501に限らずジーンズってそんなもんだけど。

プチスタはいちおうデザイナーズブランドだからそういう無駄なもたつきなんかは排除されてるんだろうけど、実生活ではそういう生地のゆとりはあって困るものでもない。

今はこのゆとりがちょっと魅力的に思えてきている。

別にちょっとコンビニに行ったり出かけたりするくらいでそこまでめかしこむ必要はまったくなく、寝間着に見えないくらいでいいわけである。というか、寝間着でコンビニに行くやつもいる。俺の頭の中では、「家の中」「コンビニくらいまで行く」「よく知った友人と遊ぶ」「町内会の集まり」「仕事関係の人と休みに会う」「大学」「デート」…みたいな感じで、気を使わなきゃいけないレベルはエスカレーションしていく。で、今は「コンビニくらいまで行く」でレベルの服あたりがちょうどいいのではないかと、そう思っている。大学なんてもう行かないしね。

 

深夜の長電話

gssmboy.hatenablog.jp

 

少し前にハル氏から連絡をいただいて結構長めに電話をした。遅くまでありがとうございました。電話って10秒で終わるか1時間以上続くかどっちかだね。まあそれはいいとして。

 

途中の会話で「次のジーンズどうする?」みたいになって、当たり前みたいに「次のジーンズ」という概念が登場していたのが今思い返すとおもしろかった。

次のジーンズね。

別にほしいジーンズがあるなら今すぐ買えばいいし、さっさと穿けばいい。

コラボとかだったら売り切れたら手に入らないかもしれないし、流行に寄せたアイテムだったら今着なきゃ意味がない。

 

だが、そういう当たり前なんか知ったことではない。

一旦穿き始めたジーンズは終わるところまで穿く。

しかし、ジーンズを穿き終わる前から色々探してしまっている。

いいか?これがデニムヘッドだよ。

 

俺は「次はリーバイスのUSA501ッスかね」とか言った記憶がある。すぐおろして穿けよ。

ハルさんはいくつか注目していたが、結局「どーしよっかなー」みたいになっていた。早く買ったらいいでしょうが。

そう思うことだろう。そういうスタイルなんだよ。