無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

ワークウェアの今後


f:id:cte26533:20170805203804j:plain

 

ディッキーズ、カーハート、古くはリーバイスなど、古くからワークウェアはニーズに合わせて形を変えながら愛されている

 

元は作業着だったジーンズは今、およそ服屋なら見かけないところがない定番カジュアルウェアとなっている。

...このように、何かに特化しそれを追求していった服は、あるポイントを超えると業界外に見つかり、広められ、様々なリメイクが施されて、馴染み深いカジュアルウェアとなる。

ワークウェアはそのタフさや着ている様のカッコよさなどから様々な定番アイテムがカジュアル化されてきた。

 

じゃあ今後は、カジュアル化されていないけど魅力のある、マジのワークウェアを見る機会はなくなってしまうのだろうか?

 

 

パタゴニアのワークウェアラインが示すスタイル

先日、パタゴニアがワークウェアをリリースすることが発表された。

〈Patagonia〉のワークウウェアビジネスディレクターEd Auman(エド・オーマン)は「我々のワークウェアラインは、環境改善のために実際の現場で尽力し、進歩とは何かを体現している男性、女性のためにあります。我々の会社の鍛冶屋としてのルーツ、我々の環境保護への取り組み、そして我々のオーガニックで再生可能な農耕業への投資が、我々自身を、この本物のワークウェアの生産へと導いたのです」と話す。 

パタゴニアよりワークウェアがデビュー | HYPEBEAST

 

パタゴニアのラインナップは、林業・漁業・建築などあくまで”アウトドア”なワークスタイルを提案している。

ワークウェアラインのアイテムで主に使用される素材が麻・リサイクルポリエステル・オーガニックコットンというところも、パタゴニアのフィロソフィーを受け継いでいるといえる。

環境に配慮しており、長く使える耐久性があり、過酷な状況でパフォーマンスを支え、背景にあるカルチャーを後押しするという意味で、パタゴニアとワークウェアの相性は非常にいい

 

アウトドアウェアとしてだけでなく、環境改善のテーマを抱えた手広いアパレルブランドとして、パタゴニアは広く知られている。

カジュアル・普段着に必要な着ていて引っかかりのないデザインという方向と、アウトドアで求められる厳密な精度と確かな機能性という方向の二つの軸で考えても、パタゴニアのワークウェアへの参入は腑に落ちる。きっと労働だけじゃない様々なシーンで活躍することになるんだろう。

 

アウトドアやカジュアルの利点をワークに落とし込んでいくとどうなっていくのか、気になるところではある。マジのワークウェアっていうのはそういう方向性になっていくのかな。

 

www.patagonia.com 

「カッコいい」の感覚

かつてヤンマーが「農をスタイリッシュに」という感じのコンセプトで、きれいなシルエットでカッティングされ様々な機能がついたいい感じの農作業着をリリースしたことがある。

この取組自体はワークウェアの地位向上としてよかったと思うのだが、ある一つの懸念が浮き彫りになった。

もしかしてこういうワーク系の企業ってかっこよくする=スタイリッシュなシルエットやデザインにするという概念しか持っていないんじゃないか?

www.yanmar.com

 

ロゴやタグに力を入れたり、ちょっとしたディティールが魅力を左右するというのはワークウェアにとってありがちなことだ。

裏地に縫い付けられた品質保証タグや物を引っ掛けるループやポケットの裏地など、縫い代数ミリまで見られて良し悪しが判断される。

そんな細かいところを気にせず、機能こそを厳密に追求し、近未来感のあるシルエットで強行突破するのは、どちらかというとアウトドアウェアの本領だ。

ワークウェアはディティールが命なのだ。

 

労働のカッコよさはガラッパチだったり、過酷な環境で耐え抜いたり、ボロボロの手で繰り出される熟練した職人技だったりする。

そういうファクターにスタイリッシュなデザインをかけ合わせてうまく化学反応が起きるとはあまり思えない。

 

ワークマンとユニクロ

どうも最近ワークマンのアウトドアウェアが人気らしい。

フィールドコア(fieldcore)プロの職人に認められた品質のアウトドア&カジュアルテイストブランド|作業服・作業用品の大型専門店ワークマン

 

先述のパタゴニアとは逆に、ワークウェアの利点をアウトドアウェアに落とし込んでいった形だ

価格を低く押さえ、機能も最低限はある。

モンベルでも1万〜2万円はするレインスーツが上下で5000円を切るとは驚きだ。

実際の着用も問題はないようで、山で使っている人もたまに見かける。

 

ただ、それはいままでの廉価版であり亜流に過ぎない。

より高いパフォーマンスを求めたり発色や生地感を求める場合に、フィールドコアには引きがなさすぎる。 

そもそもワークウェア自体、ホームセンターなんかでポリエステル素材の安物が雑に売られている感じで、とにかく蔑視されている感じだ。

仕事に着ていくのなんかこれで十分、みたいな。

ワークマンはその文脈上でアウトドアウェアを作っている

 

無駄を削ぎ落として作られた服は当然ながら安い。

だからこそ、ワークマン自体が好き、ワークマン以外は考えられないというようなワークマンのファンが付くことは到底考えられない

 

本当に欲しいワークウェア

俺が本当に期待しているのは、ディッキーズ、カーハート、リーバイス、パタゴニアみたいに、ディティールが魅力的で機能も申し分なくて、なにより本当にワーク仕様といった着ていてアガる服だったりする。

ワークマンにはぜひここを目指してほしいけど...やんないだろうなあ。

 

ワークがコンセプトにあるファッションブランドとファッショナブルなワークウェア。そこから逸脱したマジのワークウェアの限界は、今のところホームセンターで雑に売られている安物止まりだ。残念ながら。

 

保存保存