無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

カルチャー

様々なカルチャーを紹介したり深読みする回

君はLevi’s × Supreme のコレクションに何を見る

SupremeとLevi’sは2011年から定期的にコラボレーションを続けている。 NYのシーンを掘り返してきたシュプリームと、アメリカンカルチャーを根底から支えているリーバイス。 規模・知名度ともに巨大なマーケットを持つ両者だからこそ、受け手によって印象はバ…

501DAYレポ(MadWood、リーバイスストア大阪について)

5月20日、ブルージーンズの誕生を祝しリーバイスストア大阪店3F(屋上)にて"501DAY"が開催された。 青空の下、気持ちの良いサウンドの中、終始リラックスしたムードだった。 イベント内容は以下。 ・iri、Michel Kaneko、高木完、それぞれ三組のライブ ・I…

スキー・スノボとテレビ

若者のスキー・スノボ離れなどと言われているけど、行く人は行くし、努力してるところは外国人なんか集客してウハウハらしいし、兵庫では新しいスキー場が何十年かぶりにできたようだし、平昌オリンピックも始まるし、今は割とスキー・スノーボード業界にと…

FATMAN BROTHERS/FATMAN BROTHERS

世の中にはプレミアCDというものが存在し、発売当時の価格の数倍、数十倍で取引される。 それは限定版とか、マニアが保管している未開封のものとか、売れっ子アーティストの下積み時代のものとかだけではなく、単に入手しにくいというだけでもプレミアが付く…

SNSは新しい衣服足り得るのか

ユーキャン新語・流行語大賞に「インスタ映え」がノミネートされた。 今までウェブサービスが起点となって流行った言葉は数あれど、ウェブサービスそれ自体の用語が選ばれたのは「ユーチューバー」と並んでこれが初めてだ。 「いいね」や「FF外から失礼しま…

あなたの知らない「最悪スキー宿」という世界

以下はとある宿泊レビューサイトの抜粋である。 宿泊比較サイトや観光レビューサイトを巡回していると稀に出くわす、投稿者の怒りがヒリヒリと伝わってくるような低評価口コミは、利用者の不安を掻き立てる。 俺はスキー場に行く時に宿泊レビューなどを流し…

メタリカ(Metallica)というTシャツブランドについて調べてみました!

話題のメタリカ(Metallica)というブランドについて調べてみました! 最近ではユニクロ(UT)やGUなどともコラボしている勢いのあるブランドですね。 なんとメタリカは1981年にカリフォルニアで立ち上がってから現在まで、確実な人気を誇ってきたモンスターブ…

スキーウェアは洗ったほうがいいのか?

スキーウェアと洗濯の関係性 結論から言うとスキーウェアは洗ったほうがいい。 普通の衣類と同じように、洗わないでいると汚れがどんどん蓄積して傷んでしまうからだ。 去年数回着たかな...というあなたのスキーウェアをシーズン前に一度洗っておくだけで、…

ベーシックなスキーウェアのスタイル

スキー場で寒さをしのごうとするなら量販店で売られているような防寒・防水に特化したスキーウェアであれば大体大丈夫だ。 しかしながら、体形や雰囲気のようなパーソナルな部分を無視して頭から爪先まで自由に組み立てられるのは、ファッション的なスキーの…

フリースタイル系スキーウェアのスタイル

スキーウェアは、別に機能だけなら量販店で投げ売りされているようなウェアで問題ない。あったかければOK、防水なら大体OKだ。高機能商品を着たところでスキーがうまくなるわけでもない。 でも、ゲレンデに出るのに、ウェア選びから始めるのは間違っていない…

おすすめの輸入菓子・海外菓子、飲み物

成人してからも幼児向けの菓子ばかり食べている残念舌の俺だが、「たまには一つ小洒落たモンでも口にするか」とスーパーで後に紹介するLotus(ロータスビスケット)を買ったのが事の発端だ。 匂いや味は記憶を思い起こすスイッチになる。 この異国情緒に触発…

古着を高く売るなら

仮定の話をしてみよう。準備はいいか? おまえはいつもは行かないような店で服を買った。 試着していい感じだったから少し背伸びをした。 ちょっと店員のおしゃべりに乗せられたところもあったかもしれない。 「MA-1の裏地がオレンジなのは、遭難したときに…

ミュージシャンの政治的な発言は、なぜ嫌われるのか

「ミュージシャン・アーティスト・クリエイターが政治的な発言をすると、ツイッターのフォロワーが減る」というまことしやかな噂がある。 実際に統計を取ったわけでも定点観測していたわけでもないので本当のところはわからない。 しかし、ニュースや言論の…

AMETORA(アメトラ)日本がアメリカンスタイルを救った物語...主に感想

『AMETORA(アメトラ)日本がアメリカンスタイルを救った物語』(以降アメトラ)はアメリカで出版され、話題になった書籍の和訳版。 アメリカ人の視点から日本のファッションカルチャーの変遷をたどる内容なのかと思っていたが、その中身は日本の戦後史から…

「拳で抵抗する21歳」と本当のインフルエンサー

sugunikese.hatenablog.com 「拳で抵抗する21歳」が各SNS、動画サイトで悪い意味で話題だ。 まだ知らないという方はリンク先に詳しい経緯と問題点が整理されているので参照してほしい。 しかしこの動画、そして彼の言動(おもしろいおもしろくないは別として…

さあ明日も行こう。ジョイマンを忘れてしまった街へ。

「いま手持ち少ないからこんな店ですまんな」そう言ってムーディ勝山さんは一尾しかない自分の天丼の海老を僕の蕎麦の上に乗せた。店内の誰も僕達には気付いていない。そう、全ては遠い過去になっていく。しかし未来に何があろうと、僕はこの蕎麦の上に乗る…

POPEYEという雑誌とファッション誌

新刊が出たら必ずチェックして、気に入ったらそのまま購入する雑誌がいくつかあって、その一つがポパイだ。 大方の人がそう思っているように、ポパイはカルチャー寄りのファッション誌だ。服そのもの以上に、服を着て「何をするか」そして今キている人は「何…

無職に向いている人

仕事をやめたいと毎日のように思っているけど、実際に踏み出すことができずにイヤイヤ会社に通っている人は多いと思う。 転職がしたいとか、独立して会社を立ち上げたいとかそういうポジティブな方向で会社をやめたい人なんて極稀だ。ほとんどの人は、今の「…

暑さを吹き飛ばす極寒のスキームービーに酔いしれろ

このところ暑い日が続いているけれども、これみよがしにビーチやプールで太陽の下はしゃぐ映像や、祭りやビアガーデンで夏の夜を満喫している画像などを大量に見せられ、「これがあと1月近く続くのか...」と今からブルーになっている。 別に夏が好きな人はい…

「ミレニアルズ」は次のキーワード!!

予言するけど「ミレニアルズ」という言葉がそのうちテレビかなんかで話題になってあっというまに消費されていくことになる。これは悲報だ。なぜかというと本来大切にされるべきカルチャーが経済のためのキーワードになることで本来の意味を失っていたずらに…

今までヘビロテした曲

お題「今までに一番リピート再生した曲」 「音楽なんて消費物だろ」と言った友人がいた。 当時の文脈では「音楽ばっか聴いてるやつはバカ。音楽なんていつか飽きるから」という内容だった。 俺はバカだしょっちゅう飽きてる。 後に続く「だから俺は音楽なん…

なぜジーンズを穿くのか(ボロボロになるまで色落ちを楽しむということ)

身につけるものは不潔であるより清潔なものがいいし、古いものより新しいものが良いし、同じものより新鮮なものがいい。と、おおよその人は思っているだろう。反対はしないしそれが普通だと思う。 ではなぜ一部の人間はわざわざジーパン色落ち行為を好き好ん…

スキーバムというカルチャー

スキーバムというカルチャーがあり、スキーリゾートに住み込み、定職につかず、主にスキーをして生活している人々を侮蔑して、あるいは羨望してそう呼ぶ。 スキーを経験したことが無い人からするとトチ狂ってるようにしか思えないだろうこのカルチャーは、世…

けん玉-KENDAMA-の話

昔懐かしいけん玉という遊びが海外ではKENDAMAとしてストリートでクールな進化を遂げたということはみなさんがご存知のところだろう。 テレビなどのメディアでも国内外を問わずけん玉プレイヤーが出演しているし、なによりけん玉の種類やメーカーも右肩上が…

街で着る高機能透湿防水素材(ゴアテックス的なやつ)について

先日立山にスキーに行ってきた。その際シェルジャケットについて色々考えさせられた。 シーズンインから厳冬期までのゲレンデでは不安定な気候と常に低い気温から身を守るためにスキーウェアが必須である。このスキーウェアは必ずしもゴアテックスではなくて…

スケートボードの話

ジーンズは家でじっとしていたって色落ちしない。普段車移動が中心なので歩くことが少なく、一日の大半は座ってパソコンに向かっている。となると面白い色落ちなど期待できない。尻ばかり白くなったジーンズはクールか?答えはノーである。 最近はフェイディ…