無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

靴のサイズをどうやって測っていくかという話


ネット通販はどんどん発展する一方だけど、服にせよ靴にせよ届いてみたらサイズ合わない問題も同様に広がっている。

 

そもそも自分の靴のサイズって多くの人は

「大体◯◯cmくらいかな…」

みたいに把握してはいると思う。

しかし、メーカーや商品で履き心地も微妙に違うし、その表記も変わってきたりする。

 

だから試着してサイズを確かめる必要があるが、ネット上では不可能だ。

注文して返品してを繰り返すのも面倒だし。

 

だから、なるべく一発でドンピシャのサイズを当てれるように計測すればいい。

 

 

サイズは長さ:レングス 幅:ワイズ

靴を買う時に考えるサイズの話。

大抵は箱とかタグに表記されているサイズ(◯◯cmみたいな)を基準にしているだろう。

これは足の長さ:レングスの値で、基準にすれば確かに大きく外れることはない。

 

しかし靴のサイズには足の幅:ワイズもある。

サイズは合ってるはずなのに靴がやたらキツいという場合はワイズが合っていない。

 

伸縮性のあるスニーカーならまだしも、革製の固いブーツなんかでサイズが合っていないと大変だ。

足を痛めるおそれがあるし、革が足の大きさに負けてシルエットが歪んでしまったりする。

靴のサイズは、長さと幅、レングスとワイズの両方が合っていたほうがいい

 

足の長さ(レングス)の測り方

f:id:cte26533:20180311095835j:plain

ダンボール箱を用意して、0cmにメモリを合わせる。

 

f:id:cte26533:20180311095840j:plain

ダンボール箱にかかとを合わせる。

 

f:id:cte26533:20180311095844j:plain

メジャーの上に足をベタ置き。

 

 

床に足をべったりつけて、つま先からかかとまで。

 

この長さ+1cmがレングスとなる。

足の長さギチギチではなく、少し余裕を取る

試着する場合はかかとに親指が入るくらいというのが一般的だ。

 

計測値+1cm!

 

足の幅(ワイズ)の測り方

f:id:cte26533:20180311100013j:plain

 床に足をべったりつけて、一番広くなる骨の出っ張りをぐるり。

 

ワイズ表

こちらのワイズ表を参考にしていく。

靴のサイズ表(★靴とバッグの情報コミュニティサイト/SHOE・BAG探偵局)

サイズ・ワイズ表

 

レングス:26.5cmとワイズ25.5cmの組み合わせは大体ワイズEE、普通だ。

 

 

個体差

商品ごとにワイズが正確に決まるわけはない。

アッパーの柔らかさやストレッチ性とかも絡んでくるところだろう。

そうして「いつものサイズ」のように、存在しない比較対象を前に頭を悩ませる事になる。

gssmboy.hatenablog.jp

 

きつかった:スケートシューズ,ニューバランスヌメリック

www.sfg.blue

ニューバランスのスケシューはキツイという意見をよく目にする。

ワイズが狭く、甲高も低いように感じる。

足の大きさで選んで、履いてみると他のゆとりがないものだから、キツイという感想になるのだろう。実際俺もそう思う。

 

じゃあキツイからダメなのかというとそういうことはない。

一日歩いたら靴擦れが起こるようなサイズ違いではないし、程よい締め付けだ。

もちろんスケートという用途が大前提になっていることもあるだろう。

靴の中の余計な空間をなくしてフィットとパフォーマンスを最優先に作られているのならうなずける話。

 

それはニューバランスの普通のラインで作られたスニーカーのサイズ感と比べるとわかりやすい。

ヌメリックのきつさは設計上のものなのだ。

 

ゆるかった:デザートブーツ,クラークス

www.sfg.blue

ゆるめの選択をしてしまった理由は、広めの足幅に合わせてしまったからだ。

自分のレングスにジャストなサイズで履くとどうしてもワイズがきつくなる。

だからワイズが快適なサイズで選んでしまい、結果ゆるいフィット感になったのだ。

 

かかとに親指がはいるくらい、などという適正サイズの測り方があるが、あれはあくまで目安くらいで考えたほうがいいと今は思う。

「ムリヤリ親指をねじ込むことができる」と「親指が余裕で入るくらい中に遊びがある」には大きな差があるし。

 

過去にはオニツカタイガーやアディダスのスニーカー、スコッチグレインの革靴を買ったことがあるが、全部このパターンで失敗している。

 

足幅が広いモデル

当然、ワイズが大きい人のために、メーカーによっては別サイズが用意されていたり、専用ラインがあったりする。

ニューバランスとレッドウィングはその辺に配慮してるよなーという印象。

 NEW BALANCE 996

 

これは別にワイズが広いタイプじゃないんだけどアッパーの柔と剛の妙というか、クッションと周囲の型のコンビネーションでキツさを全然感じないで履けている。もちろんレングスもピッタリ。

Red Wing 

レッドウィングのワークブーツは基本のワイズがEで作られている。

あと、革だと足に馴染んで多少は広がってくれる。

 

 

[最終更新:2018/3月1日]