無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

ヌーディーのブラックジーンズ/Nudie Jeans Grim Tim Dry Selvage Black


f:id:cte26533:20180119154213j:plain 

ヌーディージーンズの独特な立ち位置には不思議なものがある。

 

ひと目で分かるステッチ、シルエットというハイプな面と、「リジッドから穿き込むことでジーンズは完成する」というブランドメッセージを両立させている。 

このGrim Timはヌーディのラインナップの中でも、綿100%セルビッジ・ボタンフライ・イタリア製と、往年のデニムヘッドへ目配せが感じられるモデル。

 

 

全体・ディティール

f:id:cte26533:20180119164915j:plain

f:id:cte26533:20180119164947j:plain

 

5ポケット、5ベルトループのディティールを押さえた普通のジーンズ。

 

f:id:cte26533:20180119162535j:plain

リベットは突起がなく潰れている。

コインポケットに赤耳は使われていない。ここがいいところ。後述。

 

f:id:cte26533:20180119162237j:plain

ボタンフライ。

ヌーディの書体でボタンやリベットに刻印されていたり、芸が細かい。

 

f:id:cte26533:20180119162150j:plain

バックポケット。

このポケットのステッチが真っ黒で、よく見ないとそれとわからない。

俺はこういう、同系色で表現されていて光の反射とか角度でブランドロゴが浮かび上がるディティールが結構好き。

 

ラベルは牛革で焼印ではなく上からプリントされている。

 

f:id:cte26533:20180119162415j:plain

セルビッジとインターロック。

かなり色味の強い赤耳。

ステッチが全部黒というのもニクい。

 

シルエット

f:id:cte26533:20180221155750j:plain

f:id:cte26533:20180221155756j:plain

 ヌーディといえばピタピタのスキニー、落ちたバックポケットのイメージが強いけど、グリムティムはそこまで過剰ではない。

タイトだけどスキニーではない。

バックポケットの主張も強くない。

しかしながら腰回りのシルエットなどには、ヌーディらしさがしっかりある。

 

ブラックデニムの横糸

また、裏地だとより分かるけど、横糸は白色だ。

経糸・横糸共に黒いジーンズと違い、インディゴと似たような色落ちをする

DENIME(ドゥニーム)66ブラック 色落ちレポート | AiiRO DENIM WORKS

サムライジーンズ三連投 其の弐 | denimba

 

ヌーディは横糸が白いもの、黒いもの、両方扱っているので、ネットで買う時には注意だ。

 

「ユニクロの黒スキニーと一緒じゃないですか?」

どうやら世論は、ヌーディーを含めた高い価格帯のジーンズはユニクロとさほど変わらないということになっているらしい。

ユニクロのジーンズとヌーディージーンズ履き比べてみた。その結果、衝撃的事実が! | ユニクロコーデドットコム

(ユニクロ界隈が大好きなどっちか分かるでしょうかクイズだ。俺は一発で分かるけどね。繰り返すぞ。俺は一発で分る)

 

別にユニクロが悪いわけでもなければユニクロを着ている人が悪いわけでもない。

でも「ユニクロと高いブランドは一緒なんです!」というのは流石に嘘が過ぎる

 

ファストファッションの質は確かに高い。

が、あらゆる意味で同じではない。

「ユニクロとどこが違うの?」の答えは「全部違う」

 

セルビッジ生地の着心地、色落ちの仕方、耐久性、ブランド特有のシルエット。

ブランドロゴとか誰も気にしてないとか言うけど、ヌーディのバックポケットの刺繍は穿いてる本人の気分を確実にアゲる。

 

どちらが良いかというのは状況によってのみ異なる。

画質の荒い写真や加工されたフォトショップ画像で物の善し悪しがわかるわけねーだろ。

 

セルビッジ見せコインポケットに思うこと 

f:id:cte26533:20160207182616j:plain

ヌーディジーンズのセルビッジのラインは、現在は全て赤耳を見せるタイプのコインポケットになっている。

セルビッジ部分を見せたい!という気持ちはわからなくもない。

けど、赤耳コインポケットって補強はしてあるのにペラペラで頼りないので俺はどうも苦手だ。

わざわざ赤耳を見せつけるよりも、実際の手触りや質感、機能のほうを大事にして欲しい。

 

なので、特に生地とかセルビッジにこだわったりしないならレギュラーのほうがオススメではある。安いし。

 

 

ヌーディージーンズは高いのか

ヌーディージーンズといえばリジッド穿き込み推奨と極端なスキニーシルエットの印象が強いが、その影で高い環境意識をブランドコンセプトにあげている

オーガニックコットンへのこだわり、リサイクルのプロジェクト。

このオーガニックコットンを使う理由は「品質が段違い!」とかじゃなくてクリーンな土壌を維持するため

ケミカルな農薬とか肥料、遺伝子組み換え作物を使わないのは自然の生態系への影響を減らすための配慮だ。

ヌーディのジーンズは確かに価格は高いけど、それは持続可能な地球環境に配慮している結果なのだ

 

これらのコンセプトが、ボロボロになるまでジーンズを穿くという行為とシンクロする。

環境という視点から、長くジーンズを愛用するための価格設定なのだ。

www.nudiejeans.com

 

基本的に北欧系のブランドはリサイクルや環境維持、フェアトレードのおかげで価格が高い。

でもそこには服が出来るまでの経路で、原価とかじゃない部分に理由があるものだ。

古着のヌーディージーンズと色落ちについて

このGrim Timは古着で買ったわけだけど、糊が落ちてしまっている以上、ヌーディの基本的な教えである「リジッドのまま6ヶ月」は残念ながら守れない。

ヌーディーの洗濯についてはこちらを参照。

www.sfg.blue

 

しかし糊が落ちていても、染料がしっかり残っていれば色落ちに支障はない

むしろリジッドの状態で他人のアタリがバッチリついたもののほうが避けたいところ。

リジッドである程度穿いてしまったら、そのアタリは平らには戻らないから。

リジッドにこだわりがなければ、誰かがさっさと糊落としをして手放してしまったもののほうがオススメだ。 

 

ただ、シルエットを重視しているなら、ストレッチが伸びてダルダルになっていたりするので注意が必要

 

※ちなみにこちらも古着で買ったジーンズだけど、もちろんきれいに色落ちした。

www.sfg.blue

 

Grim Tim、それ自体

ほとんどのラインナップをストレッチが効いたスキニーで揃える中、綿100%・ボタンフライというディティールのグリムティムを用意しているあたりは「さすがヌーディー、わかってるな〜」と言う感じ。

肌に張り付くスキニー感とか、下に落ちたバックポケットとかのヌーディーっぽさは好きな人は好きだろうけどエグみでもある。

そういうエグみがグリムティムからは極力排除されている。

トガッたブランドの普通の服、あるいはリーバイス501を起点とした5ポケットジーンズへのリスペクト...といった感じなのかな。

 

しきりにドライからの穿き込みを推したりするけど、トレンドが求めるものもきちんと用意する。

権威に目配せしつつ、独自のムーブメントも作っている。

やっぱりヌーディージーンズ自体が不思議なブランドだと思う。