無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

Hanes BEEFY-T Long Sleeve/ヒートテックに思うこと


f:id:cte26533:20180110142452j:plain

ヘインズのビーフィと言ったら6.1ozの肉厚生地で夏の白シャツの印象が強いが、こちらはロングスリーブのものだ。

柔らかくもハリがある着心地は評判に劣らない。

首周りと手首部分がリブになっており、なかなかヘタらない耐久性も魅力である。

コットン製なので静電気の発生も抑えられる。

 

 

しかし、今はヒートテック全盛時代である。

誰もが、より薄く、より暖かいヒートテックに身を包む。

これは一体なぜなのか。

 

冬と化学繊維

そもそもなぜヘインズのロンTを買ったかというと、化学繊維でできたインナー...代表的なものだとヒートテックとかがそうなんだけど、俺の体に全然合わないからだ。

 

ヒートテックはただただ暖かいのではなく、体から排出される水蒸気で発熱する。

着ることによって初めて熱を生む生地なのだ。

ヒートテックの詳しい原理 吸着発熱とは (吸湿発熱) | 布生地Q&A

この”熱が熱を生む”システムのおかげで、寒い所ならともかく、暖かい室内などではやたらめったらに発熱してしまう。

夏以上にカッカするというのが俺はどうにも好きではない。

 

また、ヒートテックは数種類の化学繊維でできているのだが、そのどれもが汗を吸収しにくいというのも原因だ。

 

スポーツ衣料などはポリエステル100%のものが多く、汗を吸収するというよりは水蒸気を排出して熱気がこもらないような仕組みになっている。

乾きやすく風通しが良いため、体の熱を逃しやすい。

しかし、生地そのものはあまり吸水しないため、汗をかくと体を伝ってダラダラと垂れる。

 

ビーフィのロンTみたいな綿でできたシャツは汗を吸ってくれるので体は快適に保たれる。

しかし、綿そのものは乾きにくく、汗が生地の許容量を超えると、それはそれで不快な思いをする。

でも冬場に汗だくになるなんてことなくない?

だから綿のロンTはかなり快適だ。

 

一方ヒートテックはどうなのかというと、このポリエステルと綿の両方の要素を兼ね備えている。

汗は吸わないけれど、体の熱は逃さない...というか、体が熱くなるにつれてより発熱するという特徴だ。

つまり、めちゃくちゃオーバーヒートしやすい。

建物の内部が寒かったり、外であまり動かないというならばヒートテックは最適だと思う。しかし、そうでない場合でもヒートテックが万能であるかのような言説には同意できない。

 

登山にユニクロとワークマンで行っていいのか

ヒートテックと同じく手軽に購入できて防寒に大活躍といえばワークマンがある。

屋外作業のために設計されたワーウウェアは普段着にもしやすくそれでいてリーズナボー。

近年グングン人気を上げてきているらしい。

 

このユニクロとワークマン、実は山登りに使われることが多く、マイナー低山から定番ビッグマウンテンでも結構見かける。

実際の登山用品は値段設定が高いこともあり、とにかく登れればいいという人に好評のようだ。

ガチの山好きがワークマンで揃えた全身1万円以下のウェアを試してみた【2017春夏モデル】 | Outdoor Gearzine "アウトドアギアジン"

 

しかしゴアテックスを始めとする登山ウェアの性能とは、暖かさや防水性よりも透湿性や熱排出のような”ヌケ”の技術だ。

山の上で汗をダラダラ垂れ流すというのは、エネルギーの無駄遣い、水分の無駄遣い、低体温症の要因になりかねない。

 

熱を閉じ込めて逃がさないのはもちろん利点だし、それがないことには始まらない。

しかし、「山に登るならアウトドアブランドよりユニクロかワークマン!性能は変わらないのにコスパは段違い!」という考えは改めた方がいい。

 

「ヒートテック」という名前

「ヒート」に「テック」...。

名前負けしてない?

確かに「暖かさ」の「テクノロジー」だけど、言うほどか?

ダウンジャケットとかのほうがよっぽどヒートテックだと思うけど?

 

ただ、マーケティングにおけるネーミングとしては最適だと思う。

わかりやすく、安心できる。

 

あともう一つの理由として

「技術では9割しか引き出せない商品のポテンシャルの最後の1割をプラセボで出し切る」

という意味もあると思う。

どういう事か。

 

醤油とかワサビとかカラシの小袋あるじゃん。

あれに「こちら側のどこからでも切れます」って書いてあるじゃん。

あれは正式名称マジックカットって言って、実際よく切れるじゃん。

少し切れ目を入れてあるタイプの袋なんか、ビニールが伸びてなかなか引きちぎれずにウニョウニョになっちゃう始末だが、「こちら側のどこからでも切れます」はまあスパスパ切れる。

あれってやっぱり「どこからでも」「切れます」という力強い言葉に後押しされてる部分が大きいと思うのよ。

いやもちろんマジックカットの技術はすごい。

でも、その技術じゃ商品のポテンシャルの9割しか出せない。

「こちら側のどこからでも切れます」と書いてあるからこそ、最後の1割が発揮され、人々は何の疑いも持たずに調味料の袋をためらうこと無くきれいに切れるのだ。

 

同じようにヒートテックに関しても、いかにも暖かそうな名前の安心感で暖がとれている人は結構いると思う。

もしヒートテックが「スーパー冷え冷えシャツ”絶対零度”」みたいな名前だったら多分売れないだろうし。