無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

リーバイスレギュラージーンズのバランス(Levi's 501 STF 12.5oz)

f:id:cte26533:20180201165602j:plain

Levi's501STF

リーバイス501STFはシュリンクトゥフィット(Shurink To Fit)の頭文字をとったモデル。

防縮加工を施さないことにより、日々の伸縮によって使用者にフィットしていくことが想定されている。

色落ち加工やダメージ加工がされているものにも501はあるが、STFといえば糊が付いたまま出荷されるリジッド(生デニム)が基本だ。

糊は各自で落としてから穿いてください…というような感じ。

 

ジーンズの起点がリーバイスであることと、時代ごとの生産背景とニーズに合わせていること、そしてオリジンであるアイデンティティを保ち続けていることの三点から、この501STFは世界で最も普通のジーンズだと思う。

普通という言葉には相対性があるけどね。

 

 

写真

f:id:cte26533:20180201165726j:plain

f:id:cte26533:20180201165722j:plain

いわゆる501シルエットで特筆すべき所はない。

色落ち加工はされておらず、アタリがほぼ見られないのにトーンの明るい青色になっている。

一方で洗濯物擦れらしき引っ掻かれたような後があちこちにある。

縫い跡の色落ちがハッキリ出ているし、前の持ち主はマメに洗濯する乾燥機ユーザーだったことが窺える。

ああこれ中古です。

 

 

f:id:cte26533:20180201165554j:plain

普通のタグ。

 

 

f:id:cte26533:20180201165546j:plain

リベットとボランはギラギラしている。

 

 

f:id:cte26533:20180201165550j:plain

脇割りデニム。

裾の処理は、表に糸が2本、裏は1本というよくわからないステッチ。

パット見シングルステッチだけどチェーンステッチ風のうねりも出てるし、謎。

 

f:id:cte26533:20180201165557j:plain

ティアオフタグが残っている。

紙ラベルの右についているティアオフタグは一般的に在庫管理のために切り離す。

別に取られていないから希少だとか、取ってある状態じゃないと恥ずかしいとかそういうものではないけど。

 

ロットナンバー501 

501という名前ではあるけど別に元値が高いわけでも、みんながこぞって欲しがるわけでも、希少なわけでもない。

下手すると他のジーンズに混じってリサイクルショップで投げ売りされていたりする。

(これも状態が良かったから着ないのに買っちゃったものだ)

とはいえこのSTFの魅力は気軽にリジッドの状態から穿き始めることができることでもある。

 

もちろん似たようなコンセプトのジーンズはたくさんある。

でも1万円を超えてくるジーンズの洗濯に失敗しちゃったらやっぱりヘコむ。

縮むって聞いて大きめで買って、予想より縮まなかった時はショックを受ける。

よく知りもしないのに効果なものに手を出すのは躊躇してしまう。

しかしSTFなら安価で、気負わずに、出荷状態に限りなく近い状態から、自分の手を入れていくことが出来る。

このいかにもアメリカっぽいイージーさ、気負わなさ、雑でもノープロブレムな感じは他に類を見ない。

 

あと一つ。

リーバイスの持つ魅力の1つに、工業製品とファッション性の奇妙なバランスがある。

それはデッキーズやカーハートやレッドキャップみたいなワークウェアブランドにも共通している。

ブランドとしてのグラフィックがありながらもそれなりに安価で大量供給されている…と言うべきか。

グラフィック性、アイコン性を排除し、匿名を追求していくとユニクロに行き着く。

逆にとことんグラフィックにこだわると、テラソンやエビスあたりになるかな。

ちょうどその中間くらいにリーバイスはある、と思う。

これらのバランス感はもともと作業着だった背景もあるのだろう。

 

www.sfg.blue

www.sfg.blue

 

色落ち?穿き心地?シルエット?

服を買う理由は人によって違うだろうけど、誰しもがなにかメリットを得るためだということは共通している。

ファッション的にかっこよく、スマートになりたい。

動きやすく、着ていてストレスのないものがいい。

あるいは、美しい色落ちを求めるためかもしれない。

 

しかしそういう謎のこだわりを追求しすぎると

「僕チン変に見られていないかな〜人の目にかっこよく映りたいなァ〜」

みたいに、超ダサいスタンスになっていく。

力を入れすぎ、人に擦り寄りすぎた結果が、「イタい」という現象となり目に見えることになる。

かといって気にしないでいると時代遅れで分不相応なみすぼらしい格好になっていく。

バランスが大事なのだ。

 

そういうしゃらくさいゴタクを全部吹き飛ばす力がレギュラー501にはある。

色落ち?気にしてません。穿き心地?丈夫ならそれでいいです。シルエット?動きやすければなんでも。

でも着るとサマになる。なぜならバランスが取れているから。

 

工夫して消費しようとすんな、無頓着であれ。