無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

なぜわざわざリジッドデニムを穿くのか

リジッドデニムは扱いが面倒で、質感に期限があり、固くて穿きにくい。

こんな一見ユーザビリティ激低のリジッドデニムではあるが、色んなブランド・ショップでは当たり前のように店頭に陳列されている。

なぜわざわざリジッドデニムのような珍奇なボトムスを穿くのか?穿いているのか?穿こうと思うのか?

という話です。

 

リジッドデニム(生デニム・ドライジーンズ・ローデニム)とは

リジッドデニムとは糊が付いたまま出荷・販売されているデニムのことだ。

糊が付いたままなので生地は固い。

リジッドのまま穿くことを推奨しているメーカーやブランドもあるが、普通は糊を落としてから穿き始める。

大抵、洗うと糊で固まっていた分が縮む。

 

ワイシャツなんかを糊付けしてパリッとさせることがあるが、あれをデニムでやっているような認識だ。

そもそもなぜ糊がついているかというと、裁断・縫製をしやすくするためで、かつてはデニムを出来上がったそのまま出荷していた。

その名残でリジッドデニムは今も店頭に並ぶ。

 

ちなみにリジッドデニムの中でも、防縮加工がされていないものだけ生デニムと呼ぶ。

生デニムとリジッドデニムの違い、知ってる? | ライトオンデニム

 

ワンウォッシュジーンズへの移行

日本でデニムが販売され始めた頃、固い新品のリジッドデニムは日本では好まれず、米軍の古着ばかりが売れていた。

それを見た日本のデニムメーカーは「自前で一回洗ってやれば、穿きやすくなって売れるのでは」ということで、新品のデニムをドンドン洗うようになる。

こうして、今現在多くの人が手に取るデニムは一度以上洗いがかけられるようになった。

柔らかく、縮みを気にする必要もない、多くの人が普段手に取るデニムだ。

こちらはリジッドに対してワンウォッシュやリンスなどと表記される。

 

この経緯を見ると

「最初からワンウォッシュでよくね?」

という疑問は当然だ。

だけど、リジッドデニムならではの利点もきちんと存在する。

 

 ※日本におけるデニムの流れはこのAMETORAから参照。

www.sfg.blue

 

 

リジッドデニムの利点

糊が付いた状態ならではの利点がいくつかあり、

手が加わっていないことデニムが色落ちしていく生地であるということが深く関わっている。

 

安い

リジッドデニムは安い。

洗いという行程が抜けているから当然だ。

逆に色落ち加工を施したようなものは値段が高くなる。

(安い)リジッド<ワンウォッシュ<加工(高い)

と言った具合だ。

f:id:cte26533:20180206203858p:plain

リーバイスUSAシリーズ第二弾の511

リーバイス® オンラインストア

 

上記画像、左はリジッド、右はワンウォッシュのものだ。

同じ型のデニムでも2000円ほどの差が出る

 

最初から手をかけていく感覚

出荷状態から自分の手をかけていくという感覚だ。

後の色落ちにも繋がるが、革製品や木工品などと同じように、デニムも長く使うことで経年変化するのを楽しむ側面もある。(デニムは完全に劣化の一途だけど)

当初買ったばかりの姿と、その変わり果てた姿を比べて「変わったな〜オイ」などと年月の経過を測るのには、最初は出荷状態であるのが好ましい。

 

リジッドデニム特有の色落ち

デニムは長く穿いていると色落ちするわけだけど、リジッドのまま洗わずに穿くと独特なアタリがつき、特有の色落ちをする。

そのキツいコントラストを表現するためにわざわざリジッドのまま穿く場合もある。

 

A.P.C.やヌーディージーンズなどはリジッドデニムを洗わずに穿くことを推奨している。

その理由の1つは、特有の色落ちをさせるためだ。

 

リジッドデニム特有の質感

ワイシャツの話に戻るが、糊付けしてパリッとした質感を出すのには「シワがあるとみっともない」みたいな見た目の理由であって、決して着心地がいいからではないだろう。

特にワイシャツの場合は洗った後に再度糊付けするわけで、糊付けされた状態のシャツこそが求められているわけだ。

 

デニムの場合は、洗った後にわざわざ再度糊付けは通常はしない(する人もいるけど)。

デニムを一回洗ってしまったら、縮んだり捻れたりしてしまうし、そうなった以上いくら糊付けをしたところで”リジッドデニム”には戻らない不可逆性がある。

だから、リジッドデニムの質感…ハリがあったり、光沢があったり、色に深みがあったり…を維持するためには洗わずに穿き続ける他ない

 

楽しいから

まあ身も蓋もないんだけど総合すると楽しいからってことになるよね。

なんかどうでもいい道具とか手入れするの好きじゃない?趣味のもののメンテナンスとかさ。

ああいう「うまく扱わないとオシャカになっちゃうギアを俺は使いこなしてるぜ」みたいな感じに没頭するのって楽しいじゃん?

よく分からずに手を出して、失敗したりして、それはそれでいいんだけど、2個目3個目となるとコツや感覚を掴んできて、不自由なく扱えるようになっていく楽しさって、デニム以外にもいっぱいあると思うんだよね。

リジッドデニムはあくまでそのカテゴリの一種じゃないかなと思うのだ。

 

おすすめのリジッドデニム

最初に買うリジッドデニムは

・安い

・同じものを買っている人が多い

・ブランドのケアが行き届いている

…といったデニムがいい。

 

精神的に楽で、困ったら情報があって、ユーザーの声が反映されているデニムのほうが、後々困らない。

しかし、失敗もまたアジとなる。心配はいらない。

 

Levi's 501 STF

 

www.sfg.blue

 

ジーンズをたどればリーバイスに行き着く。捻じれて縮むという意味のシュリンクトゥフィットの仕様がしっかり残っている501STFは、リジッドデニムの楽しさをしっかり味わえる。

 

ユニクロ セルビッジデニム

www.sfg.blue

こちらは廃盤になってしまっているが、メルカリなんかにも新品が出回っていたりする。

とにかく安く、リジッドデニムを体感できる。

 

RESOULT 710

リゾルトのデザイナー林氏の口癖は「たかがジーパンや!」。

たかがジーパンや!

折れシワや青々とした色落ちなど、生活していて普通についてしまったクセ、ちょっと不本意な色落ちを全部「アジ」と捉えるリゾルトのデニムに、失敗という概念はない。

 

リジッドデニムは買うべきなのか?

「べき」ではない。リジッドデニムを選ぶ必要は全く無い

これを読んでいるお前が何のために服を着るのかは知らないけど、多分特をするということはない。

リジッドデニムだとモテるということは無い。

リジッドデニムが必要なTPOも無い。

リジッドデニムが心地いい温度調節をしてくれることも無い

完全に趣味というか、面倒くさいことや時間のかかることをわざわざしたいという場合のみ、リジッドデニムをオススメできる。

 

ただ、一度リジッドデニムを買ったら、次に買うデニムもリジッドになるだろうけど。

 

※リジッドデニムと同様に、セルビッジジーンズも面倒で楽しいのよ。

www.sfg.blue