無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

ヴィンテージワークウェアの入り口...REDKAP ワークウェア

f:id:cte26533:20171207160224j:plain

リーバイス501なんかは有名だし分かりやすいけど、古い衣類はヴィンテージなどと呼ばれて、発売当時にはない価値基準で取引されたりする。

ヴィンテージは普通の古着と違うのかみたいな話は、製造されてから30年というのが業界の慣習っぽい。

ただこの定義も曖昧な上に「ヴィンテージライク」とかそれはもうなんでもありな上に、国は食品と車の表示詐称で手一杯なのか、服飾関係にはダウンを使っていないダウンジャケットとか合皮のレザージャケットとかが平気で溢れかえっている。

メルカリやヤフオクはそういう表示に関して「希少(アマゾンでも買える)!」とか「ヴィンテージ(10年前)!」とか、売るためなら手段を選ばない極悪非道なのか、ただバカなのかよくわからないけど、とにかく目も当てられない状況だ。

「あー結局みんな雰囲気でやってんだろうなあ」と思うとなんだか全てがアホらしくなってくる。

 

どれだけの時を経てきたのかは、古着とヴィンテージを分ける重要なポイント。古着は近年発売されたアイテムでもあり得るが、ヴィンテージと呼ばれるには、それなりの歳月が必要となる。大まかに言えば、30年間程度は経ているイメージ。

【コラム】「ヴィンテージ」と「古着」ってどう違う? | Fashionsnap.com

 

REDKAP 70年代ワークウェア

そんな中メルカリの売上金と期間限定ポイントが中途半端に残っていたので、初めて買い物をしてみた。

それがこのREDKAPのジャケットだ。

 

f:id:cte26533:20171207160210j:plain

肩幅や袖の長さに対して着丈が短く、腰まで届かない。

作業のじゃまにならないようにということか。

リーバイスのデニムジャケットも大体短ランみたいな着丈だし。

胸にワッペンのあとの糊が残っており、洗っても取れない。

 

f:id:cte26533:20171207160216j:plain

TALONジッパー。開けにくく閉めにくい。

 

f:id:cte26533:20171207160220j:plain

製品タグ。

アメリカ製。

65%ポリエステルと35%コットンといえば、ディッキーズ874の生地と同じ配合。

 

f:id:cte26533:20171207160224j:plain

そのタグが襟の裏に縫い付けられている。

 

ヴィンテージ・USA製というハッタリ

説明文によればこのジャケットは70年代に生産されたものらしいが、証拠もないし、リーバイスみたいに判別するポイントもいまいちわからないし、確かめようがない。

 

この商品とディティールもよく似ているけど、まあ70年〜80年あたりくらいまでしか絞り込めない。

そもそも絞り込んだところで得することもないし。

いつ作られたなんかはどうでもいいのよ。

 

このジャケットに関して言えば、アメリカ製のヴィンテージっていう所に何を感じるかだけど、レアさではないし、歴史感でもないし、この服が着られていたであろう状況に対する郷愁感でもない。

「誰かのお古のワークウェアなんか着ちゃってんぜ、俺」という場違いなものを公共に引きずり出してきたという一種のしてやったり感が大部分を占めているかな。

大多数が雑誌やインターネットを見て「こういう服を着て外出しましょう」という手引きをしっかり読み込み、決まりを守ってコーディネイトをしている中に、選択肢にない妙なものを持ち込んで、涼しい顔をしていたいという気持ちは確かにある。

 

古いってだけでデザインが洗練されているわけでも縫製が丁寧なわけでもないしね。

それこそ今の安い服だってそこそこしっかりしてるわけだし。

アメリカ製ってところも同じで、言うまでわかりっこないというか、俺自身が勝手に楽しめて、外から見る分にはなんとも思われなくていいという感じかな。

でも襟の下にタグが縫い付けてあるディティールは好きだな。

 

前に会社の支給品を普段着にするために少し工夫したことがあったけど、あの時も似たような感情があった。

「このジャケット?会社でもらった」くらいの力の抜き方が俺にはちょうどいいのかもしれない。

 

www.sfg.blue

 

メルカリはゴミ溜めか金脈か

それでもメルカリをディグっているとたまに目を引くようなものが安い価格で売られていたりする。

その価値を知らない人が、レア物を投げ売りしてるって意味じゃないよ。

順当にボロいし、値段相応(下手したら下回る)の価値なんだろうけど、GOODWEARみたいに丈夫なシャツが何百円とかで売られていたり、ボロいリーバイスが千円しなかったりする。

ただ、状態確認ができない、保存しているのは素人という点で、能動的に欲しいものは絶対メルカリでは買いたくないというのも事実だ。

てかそんなのは新品で買うよ。

 

ざっと見ている感じは、ボロボロの格安商品はどんなジャンルも、どんな趣味趣向のものでも取り揃えてあるんだろうな〜という印象だ。

後は故障品とか、ダルダルになってしまった衣類とかでさえも、価格が安ければなぜか誰かに買われていくという謎の現象も発生する。

わかっていれば探す価値のあるゴミ溜め、わからない人にとっては地雷原という風に俺には見える。

それでもなんか楽しそうだって言うなら、登録する時に「MFXWXK」この招待コードを入れると300円分のポイントがある状態からスタートだから使ってくれていいよ。あ、一応言っとくと俺の方にもポイントが入るから。

 

招待コード:MFXWXK

フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
フリマアプリ-メルカリ フリマでかんたんショッピング
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ