無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

顎関節症の治療にかかった金額、¥23,760

f:id:cte26533:20171106003240j:plain

顎関節を治療した。

いや...治療したというか通院中に勝手に治ったというか...なんというか...

アゴが痛くて苦労したのは事実だけど、そもそも顎関節症だったのかどうかすら今ではわからない。

治療も「これをしたから治った!」というクリティカルなものはなかった。

検査をして、異常がないことを確かめたという感じだ。

 

計4回病院に通い、トータルで2万3千円ほど払った。

今回はこの治療のことを思い出して書いていく。

 

 

兆候

もともと歯列矯正を小学校から中学校にかけてしたおかげで歯並びは悪くない。

しかし、左右のズレやアゴの違和感は幼少からずっとある。

舌の位置を気にしたらなんとなくおさまりが悪くなったりすんじゃん?

ずっとああいう感じでアゴがハマってない感覚なのだ。

これはこれで別の病気な気がするけど...

 

近所の歯科/10月16日

アゴが痛いとはっきり意識したのは10月頭。

ほおっておけば治るだろうと思ってしばらく無視を決め込んでいた。

しかし徐々に痛みは悪化し、固いものを噛んだり口を大きく広げたりできなくなってしまった。

たまらず近所の歯科へ。

 

内容:

レントゲン撮影と触診

時間:

待ち時間含めて1時間ほど

歯科:

「骨とかに異常はないけどたしかに左アゴにだけしこりがありますね。」

「ちょっと当医院ではこれ以上は無理かな...」

「総合病院を紹介するので、そちらでみてもらってください」

 

→顎関節症かな?と思ったら歯科ではなく口腔外科に行ったほうが話が早い!

 

総合病院、口腔外科/10月19日

このへんがアゴの痛みのピークだった。

普通に寝ていても痛かった。

総合病院なのである程度の待ち時間は覚悟していたが、平日真昼という時間帯と、田舎の外れという立地のおかげか、一人も患者がいなかった。

先日撮影した写真を見ながら「変なところはないですね」と医師。

「そうなんですよ。特に変わったこともしていないし、歯ぎしりもない。ただ、かみ合わせがズレてる気はするんですけど...」

俺がそう言うと、医師は「じゃあちょっと見てみます」と、かみ合わせのチェックをして「理想的なかみ合わせですね」と言った。

 

入り込んだ細菌や神経異常が原因のこともあり、そうだと脳に近いこともありヤバいとのことで、MR検査とCT検査を行うことになった。

また、痛みの対策として、マウスピースもつくることにした。

「あと、とりあえずレントゲンも撮っておきましょうか」

とりあえずでレントゲンを撮るのは勘弁して欲しかった。

(MRとCTを同日に行うのは無理だということでCTは別日で行った。)

 

内容:

触診、MR検査、レントゲン、マウスピース型とり

時間:

3時間

医師:

「原因はわからないですが、放っておいたらマズいことがあるので、検査しましょう」

 

→メッチャ時間かかった!多忙なら後日に回してもらうのがいいのでは!

 

総合病院/10月23日

痛みがどんどんなくなってきた。

どんどん噛めるし確実に治っていってる。

もうマジで病院に行きたくなかった。

やっぱ放っておけば治るやつなんじゃん。

しかし、原因は相変わらず不明。

でも予約しちゃったし、26日にはマウスピースができるし、仕方なく通院。

 

内容:

CT検査、状況報告

時間:

2時間

医師:

「治ってきましたか。よかった。そういうことはよくあります」

「MRとレントゲンは異常なしでした。何かの拍子で強く噛んで筋肉が傷んでいたのかもしれませんね」

 

→検査して異常がないことを調べるのは有益!

 

総合病院/10月26日

完全に治った。マウスピースをはめる前に。

痛み止めも結局打たなかった。

「こういうので痛み止め打っても、結果アゴを余計強く噛んで悪化しちゃったりするんですよ。あちらを立てればこちらが立たず、という感じなんです。AをすればBがうまくいくということはないので、バランスを見て治療していきます」

と最初に通院した時に医師が言っていたな。

 

まあ、万事そういうことなんだろうな。

 

内容:

マウスピース受け取り、状況報告

時間:

10分

医師:

「お大事に」

 

→お大事に!

 

トータル4回通院、費用は2万3千円

f:id:cte26533:20171106003247j:plain

赤丸が払った費用だ。

なかなかの痛手で、結局処方されたのはマウスピースのみ、という結果だった。

顎関節症だったかどうかも怪しいところだ。

 「異常なし」という安心を2万3千円で買ったようなものかな。そうでも思わないとやっていられない。

かなり時間もかかったし。俺は無職だからいいけど、働いている人が合間を縫って通院するのは大変なんじゃないかなあ...

 

医師の治療や対応も丁寧だったし、俺だってこの一件以降はアゴに気を使った生活をしている。

ただ、なんとなく損をした感じは拭えない。このやりきれない気持ちを俺はどこにぶつければいいんだ。

 

まあ、「なんかアゴ痛えな」と思ってる人に参考にしてもらえたら光栄だ。

 

www.sfg.blue

 

保存保存