無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

おすすめの輸入菓子・海外菓子、飲み物

f:id:cte26533:20171016204535j:plain

成人してからも幼児向けの菓子ばかり食べている残念舌の俺だが、「たまには一つ小洒落たモンでも口にするか」とスーパーで後に紹介するLotus(ロータスビスケット)を買ったのが事の発端だ。

 

匂いや味は記憶を思い起こすスイッチになる。

この異国情緒に触発されて、今まで食べたり飲んだりした外国の菓子とか飲み物が次々よみがえってきた。

なので一度記録しておく。 

 

Lotus_ロータス

好き☆☆☆☆

オススメ☆☆☆☆

オシャレで、日本のテイストになく、かつおいしいというのがロータスビスケットの魅力。

シナモンが効いているだけのシンプルなビスケットだが、余計な情報がないので片手間にどんどん食べてしまう。

個包装がクソ剥きにくいのはご愛嬌。

 

Lays_レイズ

好き☆☆☆☆

オススメ☆☆☆

ロータスと同じく、日本ではあまり感じられないスパイスが効いている。

ただこちらは味の種類も豊富で、中には好き嫌いを真っ二つに分けるようなものもあるけどそれはプリングルスなんかもそうだし、別にレイズじゃないと駄目という理由はない。

アメリカにはチップスにディップするタルタルのようなソースも豊富に売られており、組み合わせでうまさは無限に増える。

 

アメリカにおけるポテトチップスの文脈は日本のそれとは大きく異る。

レイズとディップスの瓶があれば、世界が終わるまでカウチで映画を見ていることができるのだ。

 

五香豆_ウーシェンピン

好き☆☆☆☆☆

オススメ☆☆☆

f:id:cte26533:20081010193418j:plain

上海五香豆 クチコミガイド【フォートラベル】|上海

上海の豫園で買える豆の素揚げ。塩気が強く、噛み切れないくらいくらい固い。これを飴玉のように口の中で転がしていると、塩気がなくなる頃にふやけて柔らかくなり、香ばしい果肉が食べれる。

シャンハニーズ以外に全くおなじみがなく、日本で売られているのも見たことがないし、出来たてがうまいからおみやげとして持って帰るようなものでもない。

現地で歩きながらつまむのが一番うまい。

 

上海在住の友人は「これが世界で売られるようになったらビールの供給が追いつかなくなる」と豪語する。

 

Root Beer_ルートビア

好き☆☆☆☆☆

オススメ☆

以下は俺がオススメして飲ませた友人の感想

友人A「腐ってない?」

友人B「湿布?」

友人C「腐った湿布の味がする」

 

散々な言われようだが、A&Wのルートビアは俺が一番好きな飲み物だ

確実に日本では味わえないフレーバーはクセのあるドクターペッパーという感じ。A&Wの店舗ではキンキンに冷えたジョッキで飲めて、ひっくり返るほどの多幸感に包まれる。

ただ、店舗は日本では沖縄にしかない。

 

クセのあるケミカルな味は好き嫌いを二分する。

しかしだ、飲まずに後悔するよりも飲んで後悔するべきだと思うぞ。

 

7up_セブンアップ

好き☆☆

オススメ☆☆☆☆ 

炭酸水が飲みたいけどちょっとした味も欲しいという時に重宝する。

アメリカの飲料は甘いものばっかりだったから比較的味が薄いセブンアップが好印象だっただけかもしれない。でも日本でもわりかし見るよね?

炭酸飲料会のバドワイザーだと思っている。

 

Tim Hortons, Double Double_ティム・ホートンズ、ダブルダブル

好き☆☆☆☆

オススメ☆☆

f:id:cte26533:20171016213107j:plain

06. ティム・ホートンズ編(1) カナディアン・セラピー | カナダシアター

ティムホートンズはカナダの有名なコーヒーチェーン。

カフェというよりは、サンドイッチやドーナツもあるドライブイン的な要素が強い。

 

ここでコーヒーを頼むと

「Suger and milk? (砂糖とミルクはどうする?)」

と尋ねられる。その際に

「Double, Double (ダブル、ダブル)」

と答えると、砂糖とミルクが二つずつ入れられた日本ではクレームが付きそうなくらい甘いコーヒーが飲める。

カナダに滞在する日本人には「ダボダボ」と聞こえることでおなじみだ。

ティム・ホートンには他にも、歯を突き刺すような甘さのカナディアンメープルというメープルシロップとクリームが詰まったドーナツがある。カナダに行く機会があったら是非食べて欲しい。

 

低糖烏龍茶_さとういりうーろんちゃ

好き☆☆☆☆☆

オススメ☆☆☆☆☆

f:id:cte26533:20171016213246j:plain

@nifty:デイリーポータルZ:砂糖入り生茶・聞茶・烏龍茶

中国では烏龍茶に砂糖を入れる。

もちろん無糖のものもある。しかし、この甘い烏龍茶、めちゃくちゃおいしかったんだよなあ。

薄いアイスコーヒーみたいな香ばしさなんだけど、麦茶みたいにグイグイ飲める。

だから、汗をかいて休憩するときはいつもこの加糖烏龍茶ばっかり飲んでいた。

日本では購入…できないの?なんで?砂糖入れるだけじゃん。売れよ。

売ってる店やサイト知ってる人がいたら教えてください。

 

世界の菓子は脳の使ったことのないところを使う

イギリスなんかではお茶の文化が発達しているのでチョコや焼き菓子のレベルがハンパないらしいし、実際にマンチェスター出身の友人が持っていたチョコも上品さが段違いだった。

まだまだ俺が知らないうまい菓子がいくらでも存在するのだ。

世界は広く、その味は今まで使ったことのない器官を初めてこじ開けたりもする。東南アジアの辛さと酸っぱさに極端な料理なども、普段では使わない汗腺が開く。

 

だから奇妙な菓子を食べたくなる。外国の菓子には日本にはない刺激で溢れている。

そしてそれは90%ハズレでまずいだけなんだけど...。

 

保存保存保存保存保存保存