無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

LEE COWBOY101 42年復刻版(大戦モデル)

f:id:cte26533:20170918170633j:plain

労働者のマストアイテムだったリーバイスに対し、LEEはカウボーイ用にカスタムされたジーンズを得意とした。リベットの突起をなくしたりポケットのカーブを浅くしたりというような使い勝手の良いものだった。

現在のアメリカの”正装”としてのジーンズ文化もテンガロンハットにウエスタンシャツといったカウボーイスタイルだ。リーバイスとはまた別のベクトルでその文化を形成している。

 

アウトライン

f:id:cte26533:20170917205312j:plain

f:id:cte26533:20170917205314j:plain

ほとんどテーパーされていないストレートタイプ。「ポケットの位置変じゃね?」というのは後述。

 

ディティール

f:id:cte26533:20170917205313j:plain

センターに配される織りネームと月桂樹ボタン。ボタンはブランドを刻印しない廉価版で、戦時中の物品不足によるもの。

 

f:id:cte26533:20170918170646j:plain

コインポケットにリベットはない。同じく、戦時中の物資不足によるもの。通称UFOリベットには凸部がなく、平らにならされている。

 

f:id:cte26533:20170917205315j:plain

バックポケットも特徴的。形は細くラウンドしており、右のリーバイス型とかなり違う。位置も高く外側に取られている。馬にまたがった状態で使いやすいためだろう。

 

また、一般的にはリーのバックステッチは下のリンク先にあるようなレイジーS型である。逆アーキュエイトはリーバイスが特許を取得し他社を訴訟し始めた40年代初頭のディティール。他社はやむなくステッチにオリジナリティを付随した。リーの場合はバイソンをモチーフにした、波打つようなレイジーSだった。

1943年にリーバイスはアーキュエット・ステッチの商標登録を取得します。このことにより、Leeはバックポケットにアーキュエットを使えなくなりました。代替えとして考案されたのが、Lazy Sです。 

Leeの歴史: 戦時中と戦後編 | 私のリーバイス

レイジーSとは - 古着用語 Weblio辞書

 

 

f:id:cte26533:20170917205316j:plain

セルビッジは薄い水色でほとんど色がない。あと、普通の右綾。復刻版だからか、左綾自体がリーでも特殊なものなのか...。

リーと言えば片方セルビッジ、片方脇割りで左綾という印象だったが、どれにも当てはまらない。どこで聞きかじったんだろう。

 

 

 

アーカイブに価値はあるのか

ヴィンテージジーンズがエラい値段で取引さてれいることは知っていよう。私だって知っている。それらが「クオリティの高い時代に作られたもの」なのか「単に古いもの」なのか「歴史的価値があるもの」なのかで価格は大きく変わる。

今回取り上げたこのエドウィン企画の42年復刻版は「歴史的価値」をコピーし、再現している。リーバイスがアーキュエイトステッチの特許を取得したおかげで、苦し紛れの逆アーキュエイトにしているところなんかがそうだ。リベットの山が滑らかになっているところもそうだ。LEEのジーンズの名称がライダースに変わる前の、”カウボーイのため”というフィロソフィーを多分に汲んでいる。

しかしそのような当時のディティールには、歴史的な薀蓄こそあれどヴィジュアルやシルエットで現代にマッチするとは言い難い。飛び抜けたセンスと多くのフォロワーを持っているカリスマならともかく、そのへんのお兄ちゃんが「これヴィンテージなんやで」としたり顔をしていても、ジーンズの歴史を共有できていない一般的な価値観の人たちからは、「妙なもの穿いてるな」という風にしか見られないのではないか。

リーバイスにせよ、50年以上前に生産されていた衣類をなるべく忠実に再現するというのには単純に感服してしまう。しかしながら、それは多くの人の価値観にはないものなのだ。じゃあどちらかをないがしろにしていいかというとそうではない。どっちにもなにかしらの価値がある。

ところがヴィンテージ至上主義のアメカジおじさんは細いデニムやヘヴィオンスジーンズに難色を示し、ストリートのハイプなキッズは常時最新情報のアップデートに大忙しでヴィンテージに興味なんかない。別にだからどうだってことはないけど。事実を述べたまでだ。

片方に寄らないと見えない景色もあるのだろう。今のところ真似したいとは思えない。

 

 参考:

http://www.redcloud.co.jp/detail/lee.htm

 

 

www.sfg.blue

www.sfg.blue

www.sfg.blue

 

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存