無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

FJALL RAVEN - KANKEN BAG

f:id:cte26533:20170817171414j:plain

カンケンバッグを使い始めて二年ほど経つ。

物を持ち運ぶという点で16リッターほどのサイズは使い勝手がよく、どこで何をするにしても重宝している。余計なポケットも少ないのでメインコンパートメントに書類や本やガジェットや野菜など雑に入れて持ち運びができる。当然耐久性にも優れており、壊れたりもしないし流行遅れ感もない。

生活において「ちょうどいい」バッグだということだ。

 

f:id:cte26533:20170817171356j:plain

全景

 

f:id:cte26533:20170817171425j:plain

16リッターとはいえ、雑誌も収まるサイズ。

耐久性

ビニロンFは日本のクラレが開発した耐久性・摩耗性の高い素材。現在では漁網などに使われています。またポリビニールアルコールという化学合成物でありながら燃焼させた時コットンより有害物質を放出しません。

Vinylon F | フェールラーベン | FJALL RAVEN | 日本公式webサイト

 

ビニロンの頑丈さはもちろんのこと、縫製や配置パターンからも非常に壊れにくい構造になっている。重い荷物が入っているときなど、ストラップから伝わる力で「バッグへの負荷が少ない」と認識できる。

また、使っているうちにシワが入りクシャクシャになっていくわけだけれども、それも含めてボロくなってもそれなりの佇まいを保てるのは大きい。

機能の面でもデザインの面でも、長く使えるということだ。

 

どこからがアウトドアか

フェールラーベンはスウェーデンのブランドで、デザイン・機能共にアウトドア寄りの商品がメインだ。しかし、いわゆる最新素材や機能素材を扱うような”登山特化”アウトドアブランドではない。素朴な風合いや多用途に扱える点からも、キャンプや軽いトレッキング、そしてもちろん普段使いを目的とした”生活特化”アウトドアブランドであるといえる。

 

登山特化

過酷な状況で最大限のパフォーマンスを引き出すことを目的としている。軽さや透湿性、動きを妨げない立体裁断やストレッチ性...など、各アクティビティごとでも仕様が大きく異る。シビアな雪山で吹雪が晴れるのを数日待ったり、クライミングの妨げにならなかったり、一ミリグラムでも軽いことにプライオリティがある。

例:ホグロフス、ノローナ

 

生活特化

自然環境がある生活圏ですごしやすいことを目的としている。耐久性やファッション性、便利さ...など、必要とされる機能は古くから余り変わらない。吹雪の中、隣の小屋に薪を取りに行ったり、近所の森に木の実を拾いに行ったり、学校に行くためのものだ。完璧な防水や軽さのかわりに、長く使えることや生活に溶け込んでいいることが優先される。

例:フェールラーベン、クレッタルムーセン

 

 

カンケンはまさに田舎で暮らすのに適しているバックパックで、大きさや手軽さが「ちょうどいい」のだ。肩肘張らない気楽な生活に向いている。

 

 

保存保存