無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

2本のLevi's 501

f:id:cte26533:20170811205937j:plain

多くの人が無意識に消費しているであろうジーンズ。その原点なのがリーバイスであり、501だとされている。厳密には501の20年前に発売されている、「デニムワークパンツ」かそれに準ずる物が原点なような気もするがここでは無視する。

1890年に品番登録がされた501は徐々に形を変え、現在でも看板商品として店頭に並ぶ。その一方古着市場においては、1970年台以降に生産されたものを「オールドリーバイス」、1960年代以前に発売されたものを「ヴィンテージリーバイス」とおおまかに決められ(店なんかで呼び方や価値も異なる)、とても穿けないようなボロボロの汚い布切れが信じられないような価格で取引されている。

今現在俺がやっている「市販のジーンズを濃紺の状態から穿き、シワに沿った色落ちや生地のやつれを楽しむ行為」...フェイディングとは全く別のベクトルの知識や目線が必要となる。いいモノ、高いものを手にするためにはその良さを理解できるだけのお勉強が必要だということだ。

 

ジーンズに物心付いてい以降、この501にはずっと注目していたし、そんな何十年も昔のジーンズなら一度見てみたいと思ってもいる。ただ、それまでに知識がないときっとチャンスを見逃してしまうだろう。年代別の見分け方とか、判別の仕方とかを知らずに、触る機会を得てから慌ててヴィンテージの知識を詰め込んだところで手遅れなのだ。手遅れになる前に失敗しておきたいのだ。この世で役に立つものなんて、自分が失敗したという記憶と後悔だけだ。

 

Levi's 501 XX

f:id:cte26533:20170811205939j:plain

f:id:cte26533:20170811205938j:plain

f:id:cte26533:20170811205940j:plain

セルビッジはなし。しかし乾燥機を何度も通したような(ストーンウォッシュ?)優しい色落ちで、迫力だけはある。

チェーンステッチでもないのに裾が捻れているのも稀な現象。

 

f:id:cte26533:20170811205941j:plain

小文字e、ラベルへのスタンプなし。

 

f:id:cte26533:20170811205942j:plain

バックポケットのステッチが切れてしまっている。

リゾルトファンが好みそうな色落ち。

 

Levi's 501XX

f:id:cte26533:20170811205943j:plain

f:id:cte26533:20170811205944j:plain

こちらも自然っぽい色落ちだが、セルビッジのアタリが弱かったり、ウィスカーとハニカムにアタリがなかったり、それでいて加工したような微妙な色落ちをしていたり、かなり不思議な状態。パッカリングだけはバッチリ決まっている。

 

f:id:cte26533:20170811205945j:plain

ビッグE!

 

f:id:cte26533:20170811205946j:plain

セルビッジ。なのにシングルでの裾上げ。

 

f:id:cte26533:20170811205947j:plain

コインポケット周りはさすがの風格。

 

価値はあるのか

f:id:cte26533:20170811205948j:plain

裏返してみる。セルビッジがある方はスレーキに左右別のスタンプがあり色もベージュ、下糸も茶色がかっている。一方脇割り処理の方は白い普通のスレーキに至って普通の生地。

 

f:id:cte26533:20170811205951j:plain

セルビッジなしの方から見ていく。メイドインU.S.A.。

 

f:id:cte26533:20170811205952j:plain

このタグの裏の数字が意味しているところが重要。赤丸は工場番号、青丸は生産年月を表している。青丸内の「1091」は10月91年、つまり「1991年10月生産」を意味する。

25年くらい前か...。

こちらの501は古いだけで、セルビッジでもないし、特に目立つディティールも、年代特有の特徴もない。1991年10月生まれの人は、所有しておくと面白いとは思うけど。

 

f:id:cte26533:20170811205950j:plain

一方セルビッジの方。こちらもメイドインU.S.A.。

 

f:id:cte26533:20170811205949j:plain

「0294」→02月94年に生産...つまり、1994年2月に作られたものだ。

ちなみに「555」は90年台のリーバイス米国内工場の中でも特に評判の良かったバレンシア工場製。

 

また、他の特徴より、裏リベットなし、トップボタン裏刻印「555」、バックポケット処理チェーンステッチ、ビッグEタブ...などより、94年製の66モデル復刻版バレンシア工場製だと予想できる。

別に希少性とかそういうのはないけど、そこそこ良いそこそこ古いもの、かな。

 

ヴィンテージ、いる?

うーん60年台以前のリーバイス、それも501に絞って考えると、デッドストックなんてもうとっくに残っていないだろうし、あってもとんでもない値段になっているだろう。

じゃあ、膝は突き抜け、尻は薄くなり、全体的に茶色く、なんとなくアブラっぽい、そういう歴史を感じることができるヴィンテージがどうしても欲しいかというと...難しい所。少なくともそんな状態の501にン万円もの金は出せない。

探すは探してみるけど積極的に買おうとは思わない...かな。

暇があったら...かな。