無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

【必見】女受け抜群!モテるファッションに必要な5大要素!

http://4.bp.blogspot.com/-E7cywrz7eLo/VwIjGR_sB_I/AAAAAAAA5es/xlpgQlcDQCcnSNw58AIR3fQzPzFOfMNYA/s800/harem_man.png

 

 

モテたい。

 

いきなり大文字で申し訳ない。

「モテたい」という根源欲求は男性諸君の共通の望みであり、永遠のテーマでもある。

ところが、様々なメディアでは男子の草食化が叫ばれ、男女交際の衰退が嘆かれている。

女性が余っている今、男子にとってまたとないチャンスが訪れているのだ。

今こそ一念発起して飢えている女性を一網打尽にしてしまおう!

 

ということで今回は私が常々考えている「ファッション」をテーマに、どうすればモテるのか?を考えていきたい。

以下は私が分析するファッションにおいて、モテる上で重要な5つの条件だ。

 

 

1.顔

http://images.uncyc.org/ja/thumb/c/cf/67man.jpg/350px-67man.jpg

まあ、待て待て。

「結局顔かい!」と思ったお前、お前は自分が女性から相手にされないのを顔面に押し付けて”自分の大切にしている部分”を守ろうとしているだけだぞ。

「今まで女性から相手にされてこなかったのはその顔面が唯一にして最大の原因であり、おたく趣味は関係ないッ!日頃からスイーツ(笑)やインスタ(笑)を馬鹿にしていることは一切関係ないッ!」と豪語するおたくは多い。

半分正解。

顔面と根性がセットで問題なのだ。つまり、お前自身が問題なのだ。

根性が終わっているならせめて顔面だけでもマシにしておこうと、そう思わないか?

 

 

整形手術をしてイケメンになれとは言わない。

清潔感があれば大体OKだ。

清潔感とは「世間に不快感を与えない」ということだ。

 

人間を清潔な順番でランク付けすると、順位が高い人間は極端に順位が低い人間のことをまるでバイキンか何かだと思ってしまう。

この清潔ランキングにおいて、表面だけ取り繕うことによってその順位をいじってしまうこと...これが清潔感の正体だ。

散髪をして、眉を剃り、髭を剃り、洗顔をする。

これだけでOKだ。

 

 

顔において重要なのはキモくないことだ。

簡単で手っ取り早いけど基本中の基本でとても重要なことだ。

誰でもすぐできる手入れをサボって顔面の造形のせいにしているからお前はキモいのだ。

手入れの仕方?自分で調べろ。

 

・ファッションで重要なのは顔

・手入れを怠っているのはNG(髪・眉・ヒゲを整えろ。洗顔をしろ。中学生だってできるぞ?)

 

 

 

 

2.体型・姿勢

http://livedoor.blogimg.jp/scienceplus2ch/imgs/3/0/30a91983.png

まあ、待て待て。

「服じゃないんかい!」と思ったお前、お前は服に金をかけるのは馬鹿らしいと言って”自分の傷付けられたくない部分”を守ろうとしているだけだぞ。

「趣味に金をかけているから服なんか買えないッ!服に金をかけているのは教養の無いバカばっかりだ!世間体を取り繕って所構わず射精したがるチンポ大学ボッキ学部生だッ!」と豪語するおたくは多い。

これも半分正解。

この世に存在するありとあらゆるモノは快適な射精環境を整えるために作られている。お前が買うおたくグッズも例外ではない。モノに貴賎はないのだ。つまり、即物的な射精ばかりを求めるお前が問題なのだ。

 

高い金を出してブランド品を買えとは言わない。

ユニクロで大体OKだ。

どういう組み合わせだってかまわない。

ユニクロ平均的な体型の人が平均的に求めるものを平均的に売っているところだ。

これはファストファッション及び低価格帯の服屋にも当てはまる。

「サイジングが〜」「シルエットが〜」「色味が〜」

こんなことを言い出すのはTシャツが一万円くらいを超えてきてからだ。

安い服はどこに行ったって似たようなサイズ、似たようなシルエット、似たような色だ。文句言うな。

 

要は平均的な体型になればどこでどういうものを買ってもそれなりにサマになるということだ。

筋トレをする。ダイエットをする。猫背をやめる。

これだけでOKだ。

 

体型において重要なのはキモくないことだ。

簡単で手っ取り早いが基本中の基本でとても重要なことだ。

誰でもすぐできる努力をサボって服のせいにしているからキモいのだ。

トレーニングの仕方?自分で調べろ。

 

・ファッションで重要なのは体型

・努力を怠っているのはNG(運動くらいしろ。小学生でもできるぞ?)

 

 

 

 

3.挙動・表情

まあ、待て待て。

「服じゃないんかい!」と思ったお前、もう大体わかってきただろ?

モテるためにはファッションなんかより優先するべきことがたくさんあり、それは普通の人は普通にこなしていることだ。

 

普通の人は口を半開きにしているか?

普通の人はそんなに手をバタバタさせて話しているか?

普通の人は足を引きずって歩いているか?

普通の人の真似をしろ。

他人を観察して自分が異常じゃないかを都度確認しろ。

 

というかこれはモデルレベルの話でもそうで、挙動や佇まいが他人に与えるイメージは大きい。美容師・ホスト・セレオリを売りつける類のセレショ店員などはオーラがあるだろう。オーラの正体は動きや表情や身のこなしなのだ。

 

とはいえ君が目指すのはそこじゃない。まず気持ちの悪い言動行動を慎みなさいということだ。

しかし周りの友人に合わせて、今までのように気色の悪いおたく行為をしてしまうということは少なからずあると思う。そいつらはお互いがうっかりモテないように相互監視する謎のモテ公安なので縁を切ったほうが良いと思うぞ。

というかいい年コイて気持ちの悪いアニメやマンガやアイドルに熱中するというのはどうかと思うのでほどほどにしておけ。

 

・ファッションで重要なのは佇まい

・観察を怠っているのはNG(一般人の真似をしろ。カリスマ店員の挙動を盗め。)

 

 

 

 

4.胸を張れるか

youtu.be

 

ようやく服の話だ。

モテるために重要な服とは何か?

いいシルエットや体にあったサイジングではない。

胸を張って他人に自慢できることだ。

高価であればいいかというとそうではない。

安くても、質が悪くても、「自分は大丈夫」と強く思える事が大事だ。

 

たとえば上記のユーチューバー。

サムネでも分かるしたり顔である。

シュプリームは人気だ。有名人が好んで着ているからだ。

 

こういうインスタを使いこなしている有名人にもSupremeは大人気。

アップすればかつて見たことのない量の「いいね」を貰うことになるだろう。

 

しかし生産数が少なくそこそこ高価なこともあって実際に商品を手に入れるのは難しい。

「そんなシュプリームを持ってる俺、カッチョいいだろ〜?」という余裕こそがこのユーチューバー、そしてSupremeユーザーの魅力の正体だ。

 

流行モノにも同じロジックがあてはまる。

「皆同じ格好だから大丈夫」「俺だけ変な格好じゃないから大丈夫」というマインドセットを手に入れることができる。

もう二度と、「え〜僕の格好変じゃないかな〜??浮いてないかな〜???キョロキョロ〜??オドオド〜???」とならずにすむのだ。

広く知名度がある流行の服を買うのはそういう意味でオススメだ。

 

自分が外さない格好をしていれば、「あいつ時代遅れすぎwwwwダッサwwww」とか「プププwwwwwwwいい年して高い服着ちゃってwwwwwwwww体型にあってなさすぎwwwwwwwww」

というふうに他人を馬鹿にして自分が普通なことを再確認することで心の平穏を保つこともできるぞ。

 

今のトレンド?自分で調べろ。

 

・「自分は大丈夫」と思える服であること(皆と同じ格好をしろ)

 

 

 

 

5.ルールを守れ

ファッションには厳格なルールがあり、忠実に守ることでそれなりに整っているように見せることができる。

それなりに。

 

Aライン、Iライン、Yラインを意識する、使っていいのは2色まで、素材を合わせる、系統を合わせる、試着してフィット感を確かめる...などだ。

あと、きれいめとかカッチリとかフォーマルとラフとかカジュアルとかゆったりとか を混ぜて中和だか7:3だかでうまくまとめればそれなりに雰囲気が出る。

あくまでそれなりに。

 

うさんくさいオッサンからそのへんのユーチューバーまでいろんなことを好き勝手に言っているから納得できるものを取り入れていくといい。

 

・ルールに従えばそれなりの格好ができる。(それなりの)

 

モテるとは

もうテープが擦り切れるくらい言われてきただろうけど、モテるためにはオシャレである必要はなく、無難であればいい。

無難ファッションには上記の5個の要素が重要となる。

つまり、普通の男性のコスプレをしなければならないのだ。

 

ところで君は制服が好きか?

セーラー服、リクスー、受付嬢...

画一化されたものはおしなべてウケが良い。なぜか。見慣れているからだ。

見慣れているものはその良し悪しを脳が判断しやすい。

 

つまり、モテるためには見慣れた格好をして、中身が伴えばいいのだ。

例えば、白シャツにジーンズ、整った顔、背が高く筋肉質で爽やかな笑顔...というスタイルは誰にでも受けがよく、減点を付けられない。

これがモテるための最適解だ。

 

女性が男性に下す評価は概ね減点法だ。

何をするか、というより何をしないかが重要だ。流行りの格好だけしていればいいのだ。自分のエッセンスなんて入れようとするな。

 

「これがモテる!」と言われた格好を疑わずに受け入れろ。

「この店がモテる!」という店に疑わずに行け。

「この消費が話題!」という消費を疑わずに受け入れろ。

ゆりかごから墓場までスマホを握れ。

口を聞かない”かしこい”消費者になれ。

 

自分を殺せ。思考を停止しろ。それがモテるための最適解だ。