無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

セルビッジジーンズを買ってしまったあなたへ

f:id:cte26533:20170428121418j:plain

 

街を歩くとセルビッジジーンズを穿いている人をよく見かけますね。私の友人にも多いです。

ところが彼らに「お、いいジーンズ穿いてるじゃん」などと声をかけると、

「あ、この赤耳?なんか捲ったときカッコイイから買ったんだ。普通のジーパンとなんか違うの?」

と返ってきます。

せっかくセルビッジデニムを使った高品質なジーンズを手にしているのに、無自覚なのはなんとも残念です。

 

セルビッジデニム...力織機で織られたデニム生地は、正しい知識で扱えば何年も持つ耐久性があります!

これは丈夫と言うだけでなく、徐々に色落ちするので、見た目の変化が長い期間で楽しめるのです!

 

せっかく買ったジーンズを飽きてしまって手放してしまうのはもったいないです。

そこで今回はセルビッジジーンズの知識と魅力を簡単に紹介していきたいと思います。

 

セルビッジ(赤耳)とは

セルビッジ(セルヴィッジ)デニム生地と普通のデニム生地は何が違うか、わかりますか?

お手持ちのジーンズの裾をめくってみてください。

f:id:cte26533:20170515225928j:plain

セルビッジデニム(上)と普通のデニム生地(下)

 

普通は脇割り加工のされたデニム生地(画面下)が一般的です。

大量に、安く、短時間で生産できます。

切られた生地がほつれないようにメタメタに縫われていますね。

 

一方セルビッジデニム(画面上)は、旧式の特殊な機械...”力織機”でしか生産できません。

一度にできる幅も狭く、時間もかかります。

生地の端に白地+赤い糸でほつれ止めがなされることが一般的なので、赤耳と呼ばれたりもします。

 

普通のデニム生地と比べるとセルビッジ生地のほうがこだわって作られています。価格も安くなく、生産効率も良くない生地をわざわざ採用しているのは、セルビッジ生地に価値を見出しているからなのです。

なので、セルビッジ生地であるということは、高品質でこだわりを持って作られたジーンズであるということのわかりやすいサインとなります。

www.weblio.jp

 

 

赤耳がついているとなぜ高いの?

一般的に、セルビッジジーンズは普通のジーンズよりも値段が高いです。

ただのほつれ止めである赤耳があるだけでなぜ価格差が生まれるのでしょうか?

 

それは生産にコストがかかるからです。

 

先述したようにセルビッジ生地は生産に時間がかかり、生産量も少なく、なおかつ特殊な機械を使用します。

なので、普通のデニム生地のように大量に量産することが出来ないのです。

 

ユニクロやギャップのようなファストファッションブランドもセルビッジジーンズを出したりしていますが、普通の商品より高いのはそのためです。

セルビッジジーンズ | FAST RETAILING CO., LTD.

 

 

セルビッジデニムの色落ちについて

デニム生地は基本的に色落ちします。

デニムを青く見せているインディゴ染料が糸から抜けていくためです。

普通に履いているときも微量に、洗濯すると(特に最初のうちは)たくさん染料が落ちます。

脇割りのデニムもセルビッジデニムも色落ちしますが、問題はその美しさです。

きれいに色落ちするという特性こそが、セルビッジデニムが選ばれる理由なのです。

 

 

通常の脇割りデニムは効率よくハイスピードで生産できる分、細かい調節ができなかったり優しい風合いが出せなかったりします。

一方、旧式の力織機で、緩く、不均等に、しかし巧みな職人技で織られるセルビッジデニムはとてもきれいに色落ちするのです。

 

※参考

f:id:cte26533:20170428094611j:plain
 

傾向別セルビッジジーンズの扱い方

では、ジーンズやブランドの系統ごとに扱い方を説明していきます。

あなたの持っているセルビッジジーンズは…?

 

普通のジーンズブランドだ(リーバイス、リー、ビッグジョンなど)

基本的にブランドが推奨する通りに扱ってください。

毎日穿いても大丈夫です。

洗濯は週に一回〜月に一回がオススメです。

 

アメカジ・レプリカ系だ(ウエアハウス、エヴィス、フルカウントなど)

基本的にブランドが推奨する通りに扱ってください。

毎日穿いても大丈夫です。

洗濯は週に一回〜月に一回がオススメです。

 

きれいめ系だ(オアスロウ、ヤエカ、リゾルトなど)

基本的にブランドが推奨する通りに扱ってください。

毎日穿いても大丈夫です。

洗濯は週に一回くらいがオススメです。

 

穿き込みジーンズブランドだ(桃太郎、サムライ、アイアンハートなど)

基本的にブランドが推奨する通りに扱ってください。

毎日穿きましょう。

洗濯は一ヶ月〜三ヶ月に一回程度がオススメです。

色落ちを極限まで防ぎ、深いシワを刻むためです。

美しい色落ちになるには毎日穿いても1年から2年かかります。

気長に楽しみましょう。

  

デザイナーズブランドだ(ディーゼル、カルバンクライン、アルマーニ…)

買った瞬間が最高の状態です。

できる限り穿かないようにしましょう

 

ストリートブランドだ(ヴェトモン、フィアオブゴッド、オフホワイト…)

買った瞬間が最高の状態です。

できる限り穿かないようにしましょう。

 

セレクトショップオリジナルだ(ビームス、アーバンリサーチ、ユナイテッドアローズ…)

ジーンズに飽きるかのめり込むかの二択だと思うのでやっぱり適当でいいと思います。ジーンズに興味が無いならなおさら。

強いて言うなら洗濯は週一から月一くらいか。穿くたびにする必要は無いです。つまり適当で大丈夫です

ユニクロとかギャップのセルビッジも、ここに当たります。

 

そもそもセルビッジじゃなかった

適当で大丈夫です。

こうしたいという理想があるなら加工されたものを買いましょう。 

 

セルビッジジーンズを買ってしまったあなたへ

そのへんのショップに行っても安価にセルビッジが買えるようになりました。

しかし「デニムはやっぱりセルビッジ」「こだわりの一本をワードローブに」などといった強迫観念は正直いただけませんね。

 

さほど興味はないけど他の人と差別化は図りたい?大衆向けにキョロキョロスタイルを変えてイキってるような自称オシャレさんのモデルとかスタッフとかブロガーとかインスタグラマーとかユーチューバーとかに踊らされてんじゃねえぞ?「デニムはやっぱりセルビッジ」みたいなことを馬鹿の一つ覚えに連呼するもんだから「え?今までのジーンズってダサいのかなァ…オロオロロ〜…」みたいなやつが生まれるんだっての。自称オサレさん、「リジッドから育てま〜す」とか言いながらどうせ穿いてねえじゃん。そうだろ?お前のジーンズ見せてみろよ。真っ黒のまんまじゃねえか。なんのためにそれ買ったの?ジーンズ特有の青色?だったら最初から加工買っとけって。なんで「リジッドから色落ちを楽しむよ〜」みたいなこと言ってんの?できもしないこと宣伝してんじゃねえぞ。

 

でも、これを読んでいるあなたは、これからジーンズに愛を注ぐことはできるわけだ。

 

ジーンズは長い時間をかければ、唯一無二の自分だけの色落ちになります。インディゴが織りなす青色のグラデーションは感動的な美しさです。

だから、みなさんはせっかく買ったセルビッジジーンズを末永く大切に扱ってくださいね!

 

[最終更新:2017/10月26日] 

 

※関連記事※

 

www.sfg.blue

 

www.sfg.blue

 

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存