無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

シャツの丈詰め...長い着丈を直してみる

 

f:id:cte26533:20170513150751j:plain

シャツの丈詰め・裾上げ

カジュアルシャツなどを久しぶりに取り出してみたら着丈が長すぎて違和感がある...ということがないだろうか。

パンツにしまうようなビジネスシャツと違い、ベルトの外に出すカジュアルのアイテムの丈の長さはトレンドに大きく左右される。

 

実際このシャツを買ったのも数年前だ。

トレンドも体形も変わってしまっている。

なので、ミシンを使ってシャツの丈つめをしてみた

安いGAPのシャツだし、失敗してもいいか、みたいな。

 

丈詰めの手順

1.裾を切る

2.ミシンで縫う

 

のみ。

また、今から出るシャツの部位の名前についてはこちらを参照してほしい。

シャツの名称について【ワイシャツの百科事典】

 

着丈を直していく

加工前

f:id:cte26533:20170513114315j:plain 

随分前にGAPで買ったシャンブレーシャツ。

長い間しまっていたおかげで、裾の長さに違和感がある。

 

手順1.裾を切る

まず裾を切る前に必ず一回シャツを着て、どの位置を狙うか確かめなければいけない。

服を買う時に試着するように、この作業で自分の体形に合わせていく。

位置を決めたら見失わないように、ペンで印をつけたりまち針で止めたりする。

 

でも、最初はちょっと長めにとってもいいかもしれない。失敗した時に、短いものを長くすることはできないけど、長い分には短く調節できるからだ。

 

f:id:cte26533:20170513123948j:plain

サイドのガジェットから解いていく。

どうせ切り捨てるからと横着をすると必要なところを切り落としてしまうハメになるから、リッパーで少しずつ糸を切っていこう。

 

f:id:cte26533:20170513124326j:plain

f:id:cte26533:20170513124413j:plain

裾の形状に沿ってハサミを入れていく。

前立やガジェットなど布が重なる部分には注意しよう。

 

f:id:cte26533:20170513124713j:plain

バッサリ。

 

 

手順2.ミシンで縫う

ミシンを掛ける時のコツはゆっくり、まっすぐだ。

横の部分のカーブするところや、前立やガジェットの布が重なるところはミシンを止めて、手で回して縫ってもいい。

 

そして、最も重要なのは完成品のシャツを参考にすることだ。

縫う場所や縫い幅、カーブの角度なんかは実物を隣においてその真似をするのが一番簡単で参考になる。

 

f:id:cte26533:20170513150750j:plain

完成の図。

 

加工後

f:id:cte26533:20170513150917j:plain

かなり短くなった。

カジュアルシャツなんか中に入れないし、これくらいでいい。

 

ユニクロのオックスフォードシャツの着丈が長いので丈詰めしてみた

こちらは同じくミシンで裾上げをしている記事。こちらのように、どこを何センチ切るとか、キチンと測って几帳面にやるともっとうまくいくだろう。

 

注意点

ワイシャツの丈詰め

少し前に、ワイシャツに使われるようなポプリン地のものも同じように丈を詰めたことがある。

これがペラペラ動いてなかなか難しく、仕上がりも粗が目立ったことを記しておく。

というか、ビジネス用だったら裾はズボンに入れるわけだし、ワイシャツの丈は詰める必要がないと思う

もし体にあっていないと思うなら、それは単にサイズが大きいものを選んでしまっただけだろう。丈を詰めてどうこうできる問題じゃない。

手縫いでの丈詰め

ネルシャツの丈が長くてダサかったので自分で丈詰めしてしてみたよ!!丈詰めの方法はどうやるの!?【実践レポート記事】 | まだ望んだライフスタイル手に入れてないの?

ミシンがないという場合は手縫いで丈を詰めることもできなくはない。

しかし、このブログのように全部を手縫いで強行するには、一縫い一縫いをかなり強く、注意深く、ミス無く、縫っていかなければならない。

しかも、どこか一カ所でも糸が切れると全部ほつれて解けてしまう。

手縫いでの裾上げはオススメしない

 

ユニクロのシャツはなぜ着丈が長いのか

今回リメイクするGAPのシャツ、買った時はジャストな気がしていたのに久々に着てみると着丈が長く感じた

というか市販のシャツの裾がちょうどいい位置に来てくれないことはよくある。

 

これはユニクロのシャツに顕著だ。ユニクロのシャツはほぼ全部かなり着丈が長く取られている。

これはなぜかというと、ファッショナブルな感じが苦手な中高年も着れるように作っているからだろう。

全年齢を1つの商品でカバーしようというユニクロの戦略によって、必ずトレンドの着丈よりも多少長く作られる

10代20代からしたら野暮ったくて手を出しにくいだけなんだけどね。

 

自分で着丈を直してしまえばいい

お直しサービスとかもあったりするけど、別にそこまでじゃないし。

 

かといって今のサイズには違和感がある。

そんな時に自分で丈を詰めてしまうのがオススメだ。

そこまで難しくなく、料金もかからない。

 

自分に合ったシルエットがないという場合も、少し前のシャツが今の流行りに合わなくなったという場合も、自分で着丈を直してしまえばいいのだ。

 

[最終更新:2017/11月11日] 

保存保存保存保存

保存保存