無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

ワークグローブ洗濯補修

www.grip-swany.co.jp

(グリップスワニー)Grip Swany G-1 Mサイズ

(グリップスワニー)Grip Swany G-1 Mサイズ

 

 

 

グリップスワニーのワークグローブをほぼケアしないまま雑に使い続け結構たった。一年くらいかな?もっとかな?使用用途は焚き火、スキーのワックス、車のアレコレ、薪集め…など多岐に渡る。中指の糸が切れたけど気にせず半年くらい使っていた。

グリップスワニーは糸切れの補修が無料なのだが、保証書を同封して送らないと受け付けてくれないらしい。今から探すのも面倒なので自分で縫ったのだった。これはその記録だ。

 

革製品の洗濯

このグローブもいい加減長いこと使ってきたので、補修の前に一度洗たい。

サドルソープのように水洗いではない方法で汚れや油分を落とすこともできるだろうけど、このグローブはかなり汚してしまっていることや、まめにケアしてデリケートに扱うというよりは多少無理をしてもびくともしないタフさがこのグローブの本質だと思うので、思いっきり水につけて丸洗いをした

 

http://2.bp.blogspot.com/-_JRIN5QmVZE/VjdUkbY0mgI/AAAAAAAAASk/LgALePe51zQ/s1600/IMG_1004.jpg

ビフォー。約一年前。

 

f:id:cte26533:20170430155723j:plain

アフター

 

グローブを洗濯していく

f:id:cte26533:20170430155739j:plain

油、土埃、スキーワックス、その他の謎の物質などで真っ黒になったグローブ。そりゃ洗わずに作業をしていればこうなるのは当然だけど、改めて見るとよくここまで平気で使っていたなと自分のズボラさに嫌気がさす。 

 

f:id:cte26533:20170430155751j:plain

中指はこの通り。

 

f:id:cte26533:20170430155950j:plain

40℃ほどのぬるま湯。人肌にも優しく汚れも浮き出しやすいこのくらいの温度がいいだろう。

 

f:id:cte26533:20170430155957j:plain

ここにグローブを沈めていく。

 

f:id:cte26533:20170430160107j:plain

十分ほど何もせずつけておいて汚れを浮かせる。

 

f:id:cte26533:20170430160713j:plain

十分後、シャンプー2,3プッシュ。強力な洗剤で油を全部抜き取るよりも、人肌に優しいシャンプーで適度に汚れを落とすため。普通の洗剤を使用する場合は弱アルカリ性のものや漂白剤のあるものを避けて中性洗剤を使用すること。

ちなみにこのシャンプーは妙な成分が限りなく少なく抑えられているため、普段からの使用にもオススメ。

デミ ミレアムヘアケア シャンプー800ml&コンデショナー800mlセット

デミ ミレアムヘアケア シャンプー800ml&コンデショナー800mlセット

 

 

 

f:id:cte26533:20170430160918j:plain

さらに十分漬ける。

 

f:id:cte26533:20170430161314j:plain

赤い。染料かな。

 

f:id:cte26533:20170430161343j:plain

すすぎ

 

f:id:cte26533:20170430161320j:plain

すすいでも赤い

 

f:id:cte26533:20170430162200j:plain新聞紙で水分を荒く取る。

 

f:id:cte26533:20170430162407j:plain

新聞紙を詰めて乾かそう。人生が乾き切っているから。

 

 

f:id:cte26533:20170501002522j:plain

夜。

しっとりするくらいまで乾かしたらミンクオイルを塗る。ミンクオイルを塗ると栄養は補給されるけど革は固いまま。レザーバームを塗ると柔らかくしっとりと。ワークグローブは防御装備なので固いのがいいでしょう。グローブなしでやっていた際ノコギリで親指を爪からバックリいったことがあり、そういうことです。

 

[タラゴ] tarrago ミンクオイル 100ml 9807074002 (Free)
 

※ミンクオイルは色々試したけれど正直どこも変わらない印象...安くていっぱい入ってるのがいいだろう。

今回は靴用のものを使用。

ビジネスマンがオシャレでするような革手袋とか、スキーグローブなんかにはミンクオイルはご法度。ベタベタするし、革も硬化してしまう。しなやかさが求められるグローブにはレザーバームを使用すること。

 

f:id:cte26533:20170501153642j:plain

朝。

 

f:id:cte26533:20170501153655j:plain

これを縫っていきます

 

f:id:cte26533:20170501154235j:plain

固定するけどこの時点で指をやりました。皮は固い。

 

f:id:cte26533:20170501161630j:plain

固い。指がいきます。まち針は邪魔でした。指ぬきが針に負けます。痛い。

 

f:id:cte26533:20170501162608j:plain

木綿糸なのでいずれ切れるでしょう。それまでには保証書を。

 

f:id:cte26533:20170501162554j:plain

お粗末さまでした。

 

長く使うアイテム

長く使える丈夫なアイテムは当然値段も高くなる。しかし、その辺の安いジーンズだってきちんと洗濯して無理せず使えば普通のジーンズのように長持ちするのでは...?とお思いのことだろう。

 

基本的に長持ちするというのは破損したりしないだけでなく、長時間使用してボロボロになってもそれなりに「カッコイイ」ことなのだ。ジーンズやワークウェア、一部のアウトドアウェアなどが古くから愛されるのは、古くなってもカッコイイデザインだからだ。

それは生地の質感やアイテムのアウトラインや装飾や色味など様々な要素が重なり合い、味のある風合いを醸し出していく。長年の生産技術が積み重ねられ厳選されてきたモノには値段以上の価値があると考えている。

[最終更新:2017/8月9日]