無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

街で着る高機能透湿防水素材(ゴアテックス的なやつ)について


f:id:cte26533:20170423105031j:plain

先日立山にスキーに行ってきた。その際シェルジャケットについて色々考えさせられた。

 

シーズンインから厳冬期までのゲレンデでは不安定な気候と常に低い気温から身を守るためにスキーウェアが必須である。このスキーウェアは必ずしもゴアテックスではなくて、自社の透湿防水素材でできている場合も多い。なぜか。透湿の部分でそこまで過敏にならなくても良いからである。

ゲレンデを滑っているだけで汗だくになるということはあまりなく、むしろ必要なのは防寒性能となる。インサレーションを入れて暖かい空気をウェア内に保有してやることで、人間のような弱い生き物でもリフトの上吹雪の中で快適に過ごせる。

 

では透湿が重要になるのはどの場面かというと歩いて登っていく過程、登山の部分である。ここでは汗をかく。しかし暑いからと言ってウェアを脱ぐと、吹雪や雨風にさらされて体温が冷えて死んでしまう。なので寒さや雨風から身を守りつつ体の汗を外に逃がし体温をなるべく一定に保つ必要があるのだが、そこで外からの水の侵入や風による寒い空気の侵入を防ぐ防水効果と水蒸気となった汗を逃がす透湿効果を兼ね備えた透湿防水素材が必要となる。防水、防風、透湿の機能が一体となったのが、ゴアテックスに代表される透湿防水素材なのだ。

 

これ、ゲレンデにゴアテックスが不要なように、街着としてもゴアテックスは完全にオーバースペックだ。

この現象についてもう少し深掘りしていこう。

 

防水透湿素材はマストなのか 

立山にいたスキーヤー・スノーボーダーが、全身ハイスペックアウトドアウェアで固めた人ばかりではなかった。

登山をやる人間からしたら山に行く際の基本的な知識としてコットンはNG(水を吸うから。冬はそれで凍る)であり、薄手のベースレイヤー、フリースのミッドレイヤー、ダウンやインサレーション、透湿防水のジャケット、の順番でレイヤリングをするのが一般的なのだが、これらに則っていないスキーヤーも結構目にした。

つまり、帽子がタウン〜キャンプの用途のものであったり、スノーボードアパレルでもハイスペックラインではないものを着ていたりしたのだ。

あらゆるシチュエーションを想定すれば、あらゆる装備を速乾・防水・軽量性・耐久性で考えていくことにはなる。例えば遭難したときなどだ。ウェアが濡れてしまって体温が低下が数分遅いだけで、生死を分けるところになる。

しかし、現実で考えてよっぽどのバリエーションルートを攻めるとか、何泊も泊まってツアーをするとかでなければ、もう少しカジュアルに考えてもいいと思うのだ。自分の好きなものを身に着けてテンションが上がる、という作用も、時には大きな原動力になったりする。 

 

「山を舐めるな」と、ご年配の登山経験者様からご丁寧にご教授していただき賜ることは多い。しかしそこまでシビアになって知識でガチガチになる必要もない。お気に入りのキャップだって、ちょっとしたジャケットだって汚れるのを気にしなければどこにでも持っていけるのだ。

 

ゴアテックスは街着たり得るのか

一方、関西に住んでいればゴアテックスが必要になる瞬間など一年に一回あれば良いほうだが、好んで着ている人は多くいる。梅田などに出ると本当によく目にする。アウトドア系ファッションが流行り始めた当初は「街中でそんな高いオベベ着て…山行くわけじゃあるまいし」と思っていた。「私、お金持ってるので店にあった一番高いやつ、よくわからないけど買ったんです」のアピールかと疑ったりもした。

しかし今ではよく分かる。アウトドアブランドはハイスペック商品に最上級のシルエット、最上級の配色、最上級の生地を使う。すると、きれいなシルエットや配色の商品にはもれなくゴアテックスがついてくるのだ。街中でのゴアテックスというのは意外と使い物にならなくて、上記のように防寒性能はないに等しいので冷え込んだ日にさっと羽織るには寒さをメチャメチャ我慢しなければならない。しかも別に街中を走り回って汗をかいたりするわけではないので透湿効果も不要だ。街中の防寒対策はダウンかそれに準ずるインサレーションがベストなのだ。機能に限って言えばね。

 

山と町をシームレスに…なんてのは最近でこそよく耳にするけど、実際にやってみればいいだけの話である。山という背景に合いそうなアイテムも、街に合いそうなアイテムも、実際に持っていってみるのがいい。