無塩せきガソリン

SALT-FREE GASOLINE

MENU

ジーンズの裾上げ、いつするか問題

 www.sfg.blue

 

日々語られており様々な通説が流れる、ジーンズの裾上げをいつするか問題。

裾上げを失敗してしまうと、縮みをうまく把握できずにツンツルテンになってしまったり、 何回ロールアップしても長すぎる裾を引きずる羽目になったり、悲惨な結末になってしまう。

せっかく高いジーンズを買うなら失敗は避けたいところ。

なのでこの機会に是非ジーンズの裾上げについて考えていきたい。

 

ちなみに現段階では、

糊落としされたジーンズを裾上げしてから穿いていくのがいいのでは? 

と俺は思っている。

 

リジッドから穿き始める場合の裾上げ

購入→裾上げ→穿き始める 

 

リジッドジーンズは糊を落とし、洗濯をすると大きく縮んでしまう特性を持つ。

しっかりリジッドのまま穿き込み、いい感じになったジーンズの糊落としをしたら想像以上に縮んでしまってツンツルテンになっちゃった...というのは避けたい事態だ。

なので、基本的にジーンズはファーストウォッシュまでは裾上げをせず穿くというのがデニムヘッズの中では一般的だ。

最初は折り返して穿いて、洗って縮んだら適切に裾上げするという感じだね。

 

Noodie JeansやA.P.C.ではジーンズをリジッドから穿き、余り洗わないで、穿いていくうちにできるシワに沿ったコントラストのキツイ色落ちを出すのを推奨している。半年も穿けば、全く縮まなくなるとも聞く。そのため、洗濯してもあまり大きくは縮まず、リジッドから穿いても裾やアタリがズレにくい。こちらは難しいことを考えなくても、最初から素直に裾上げして、素直に穿けばいい。(それでも心配だと言うならちょっとだけ長めに裾上げするのがいい)

 

糊落としをしてから穿き始める場合の裾上げ

購入→自分でファーストウォッシュ→裾上げ→穿き始める

 

ただ、必ずしも糊落としをせずに穿き込んでバキバキに仕上げなければいけないわけではない。大抵の場合は最初に糊落としをしてしまうのがいいだろう。リジッドジーンズといってもブランドやアイテムごとに生地の縮み率は全く異る。特にジャパンメイドのジーンズは大きく縮む。リジッドから穿いていくのは、それが把握できるようになってからが好ましい。

どのみち、そういうデニムヘッドの要求に答えてくれるショップというのは、リジッドで売られているジーンズを糊落とししてからでも裾上げしてくれるものだ。一旦家に帰って洗う手間が入るけど、ファーストウォッシュには好みが大きく反映されることはショップ側もわかっている。

 

ワンウォッシュを買う場合の裾上げ

購入→裾上げ→穿き始める

 

これが一番簡単。初めていいジーンズを買うという人にはワンウォッシュがオススメ。基本的にジーンズの扱いにくい部分というのはあえてやっているというところに趣味性がある。力織機のセルビッジなり、縮んで捻れるデニム生地なり、擦れて破ける裏リベットなり、ほつれやすい綿糸や切れやすいチェーンステッチなり...。

技術が進んだ今、ユニクロにいけば簡単で無難なジーンズを手に入れることができる。質だって悪くない。ダサいわけでもない。しかし、それではつまらないのだ。

 

当然、いいジーンズに触れたことがない人は「なんでわざわざそんな面倒なことを...」と思うだろう。しかし、興味はある。そういう場合は迷わずワンウォッシュを買うのがいい。

 

筋金入りの人の場合

購入→裾上げせずロールアップして穿く→洗わないし裾上げもしない

 

お前俺の話聞く必要ないだろ

 

[最終更新:2017/9月25日]

 

 

www.sfg.blue

www.sfg.blue

www.sfg.blue